リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【アイドルマスター】ξ*'ヮ')ξ もあもあもあ~!【やよい・貴音・響】
作者:くたーP
特徴:やよい 響 貴音 アイマスSPMAD capsuleM@ster



 くたーPと言えばPSP版、つまりSPの高画質PVに定評がある。
 この方向に進むのは必然の結果だったのかも知れないが、それでも実際に見ると感慨深い物がある。
 久しく忘れていた「ヤリヤガッタ」な感覚。それは力ずくの抜き技。

 XBox360では、L4UにBBコマンドがあるためにキャラの切り出しが容易に出来る。そのため、抜きだけでは大したインパクトが無くなってきたのは事実だ。
 だが、SPに七夕革命は無い。背景を張り替える機能で疑似ブルーバックを作る事は可能だが、それでも足元の抜きは限度がある。だから最後は様々なソフトを使い、パラメータ調整などを駆使して根性で抜くしかない。

うまくやったという感じ

 実はそこまでやっても歌詞が消せないという問題があり、よくよく見ると後ろの二人の足元にその影響らしき物が残っているのだが、このキラキラ背景の中ではまず気になるまい。
 貴音と響を出せる事と比べれば、安いトレードオフだろう。
 なお、そもそも抜きがどうこう言う以前にSPでこの画質を出す事自体が至難の業だという事もお忘れ無く。

 で、これだけ苦労して961組を自作ステージに立たせてもメインを張るのはやよいなのが面白い。

パステルー!

 平仮名表記のタイトルや背景のネオンサインが、クールな曲のはずなのにえもいわれぬほのぼの感を出してしまっているのが、何とも。
 曲からやよいメインを思い付いたのか、やよいが好きだからこの曲でこうなったのかは不明だが、格好良さの中に微妙な脱力感が漂うさまに、どーも頬が緩む管理人である。

 箱○とは一味違う(微妙に幼さ割り増しの)モデリングのやよいを愛でるも良し。
 自作ステージに飛び出してきた961組に注目するも良し。
 久々の自力抜きから、七夕革命以前に思いを馳せて年寄りめいた感慨を抱くも良し(笑)。
 ともあれ、SPという制限の中でもこれだけ出来るという事を見せつける快作である事は間違いないだろう。
 ・・・と言いつつ、実はPのMAD過去作を見ると前から凄かったんだけどね、埋もれがちだっただけで(笑)。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。