リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 美希 「SERRURIA」URCHIN FARM ーある少年の風景。ー
作者:シラカワP & りよ。氏
特徴:美希メイン 覚醒美希 iM@Sストーリー系PV iM@SコラボPV 手描き



 この作品には原作がある。静止画担当のりよ。氏が、過去に描いた短編漫画だ。
 その物語を今回、シラカワPが映像化した訳だが・・・。
 それ以前にこのコンビってだけでやばすぎるだろ! 二人の作風を知る視聴者なら、この二人のガチ作品が類似した方向性と空気感を持っており、つまり相性が良く、かつ技術的にも強烈な水準にある事はご存知だろう。それが手を組むとは・・・
 仮に管理人がPだったら、これはもう反則だと絶叫したと思う(笑)。

 という、作者を知ってるが故の思い入れは置いといて。
 この作品は、手描きの静止画とゲーム映像の動画、文字による物語と映像展開による物語と音楽による物語、それらが極めて高い水準で融合している。そして、おそらくは漫画と映像の特性の差故に、ストーリーも原作とは少々変えてある。
 これを一人で作ったと言われたら才能的な意味で信じられないが、二人で作ったと言われてもバランス的な意味で信じがたい物があったりする。

空がそんな色に見えた日

 あり得ない色の空は、しかしこの色で正しいのだろう。思い出とはそういうものだ。
 そして、本当に世界がこういう色に見えた経験を持つ人も、いるのでは無いだろうか?

 そう、これは思い出の物語。ひょっとしたら公式の物語の裏であったかも知れない、美希にとっては大した事ではなかったかも知れない、でもその相手にとってはそうではない物語。
 大まかな展開は、現実世界でも結構ありふれた話ではあろう。しかしそこに美希を据え、それも途中で髪を切られると、その意味を知ってるだけに来る物がある。

手の届かない、隣

 展開的に当然ではあるが、さり気なく夏服になっていやそれは問題じゃなくて。

 普段ゲームをしていると、我々はその美希の視線を受け止める側にいる。しかしこの作品はそんな美希の去りゆく背中を見つめる側に立つ。悲しくも切ない、でも多分とてもありふれた「その他大勢」の一人として。
 それでもまだ、この作品の「主役」は、自分に出来る事を精一杯頑張った方だ。
 ゲーム内では描かれない、プレイヤーがPである限り描きようがない、思春期の学生の姿。
 むしろプロデューサー稼業より身近に感じられる世界がここにあり、視聴者はそれぞれの想いをこの作品に投影する事だろう。

 思い出は、かくも切なく美しく。
 それでも美希に惚れる機会があった事は、多分幸せなのだろうと思う管理人であった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。