リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター "まことの安らぎはこの世にはなく"
作者:**P
特徴:真ソロ im@sclassic ヴィヴァルディ



 宗教音楽である。ヴィヴァルディのモテット「Nulla In Mundo Pax Sincera, RV.630」である。
 ただし、この音源は映画「シャイン」のサントラの物っぽい。
 と言うわけで、この作品はガチである。まあタイトルに騙される人も少ないだろうが。

おお・・・

 澄んだ歌声の直球勝負な音楽に合わせ、映像もまたシンプルに直球である。
 緩やかに流れる動きと淡い光。意図的にフォーカスがずれ、姿がかすむ真。
 宗教音楽にはミルク色の霧がかかったような雰囲気を漂わせる物が多く、これもその一つと言えるだろう。
 気になったので歌詞を調べてみたら、下の言葉を繰り返してるらしい。

Nulla in mundo pax sincera   この世にまことの安らぎは無く
sine felle; pura et vera,     苦渋無き純粋にしてまことの安らぎは
dulcis Jesu, est in te.      慈しみ深きイエスよ 貴方の内に

 作者コメの中でこっそり真がやさぐれている(笑)が、救いようのない歌詞では無かった。
 宗教観は人それぞれとして、長い長い歴史の中で人々の心の拠り所とされてきたものには、やはりの力がある。そう思わせる歌であり、それを飾らずに生かしたと思わせる作品である。
 この歌をニコマスに持ち込んできた事まで含めて、ナイスと言わざるを得ない。

 しかしながら**Pがここまでガチな作品を作ってきたのは、失礼ながら意外だった(笑)。
 いや、管理人の中ではカラテキラリの印象が強すぎたもんで・・・(^^;
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。