リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスターSP 『少女A』/四条貴音
作者:ブラッキーP
特徴:貴音ソロ 中森明菜 おっさんホイホイ 誕生祭



 貴音は本来美しい容姿と高貴な威圧感を持つ「銀色の王女」である。実態はともかく世間的なイメージはそうなっているはずである(笑)。
 人を寄せ付けない、下衆な者どもを圧倒する空気を持つアイドル・・・アイドルと言うには少々異色のキャラクターだが、実際にそういうイメージのアイドルが80年代に存在した。
 それが、この曲の歌い手である中森明菜だ。
 低めの声が長身グラマーな貴音のビジュアルイメージに綺麗にハマるのもポイント高い。

ハマり具合がやばい

 ああっ貴音様っ!! と思わずorzしてしまいそうな空気がたまらん。
 春閣下とは微妙に異なる強大なカリスマを感じるのは管理人だけではない、と思いたい。

 映像素材はSPステージそのままなので、昔ながらのシンプル構成と言える。
 細かいことを言えば、カメラワークも箱○版の映像に比べると限定されている、はずだ。
 気にならないけど。
 と言うか、素材の時点では限定されているはずのカメラワークがこの作品の魅力の一つとして語れる水準だったりする。
 そして一挙手一投足の歌詞とのシンクロ。歌詞が詩として意味が通っている(最近はそういう歌が意外に少ない)だけあり、リズムと同時にそれ以上の物も合っている。
 そういう細かいこだわりが、シンプルなはずの映像のインパクトを大幅に強化する。

 うん。四条明菜のハマリっぷりは宇多田マコトに匹敵するね。少なくとも管理人内では。

 ところで。
 この作品に限らず、21日の貴音誕生祭ではSP映像を使ったPV系MADが多数上がっている。
 PSPという素材の限界をうまく料理している作品群を見て、ニコマスは派手で美麗な映像美を競い合う一方で、そういう部分の技術力も着実に進歩しているんだなあ・・・と、管理人は思った次第。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。