リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター Mr.Robot 【如月千早】
作者:onikamP
特徴:メカ千早ソロ Styx 洋楽 おっさんホイホイ




 メカ千早でガチは珍しい、と思う人もいるかも知れないが実はそうでもなくて、むしろ正面からメカ千早を扱った動画は結構ガチが多い。まあ管理人自身、自分の書いた過去記事を見直してガチメカ率の高さに自分で驚いたのだが(苦笑)。

 この作品の場合は、原曲自体が超メカっぽいから単純明快にメカ千早がハマり役。
 おっさんホイホイ曲だそうだが、このStyxというバンドが活躍していたのは主に70年代から80年代前半、このアルバムが出たのは1983年。道理でロックと言いつつメロディラインがしっかりしていると思った。
 そう思うこと自体がオッサンの証明かも知れないが(汗)

決まってます

 繰り返すが、これはガチ作品でありその作りは本気。さりげに長回しも決めており、シンクロ率は(外見も含めて)かなり高い。演出もリズム感をいかす形で組み込まれており、曲の特性を生かした良作と言える。
 このP、かなりセンスがいいと思うんだが・・・過去作を見ると、不幸にも埋もれ上手の雰囲気がある。惜しい話かも知れない。

 ところでこの歌、スペルがMr.Robotoになってたり、洋楽なのに怪しい日本語が入ってたりと、MADそれ自体の魅力とは別の部分でも興味を惹かれる。
 調べてみたらなかなか面白い背景があったが、あえてここでは語らないでおこう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。