リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1:百合根P


ほんの一例

 蓋を開けてみれば強烈なガチPVが多数出てきているエロゲm@ster'09
 これもその一つで、多数の手描きを惜しげもなく一瞬で押し流す再現系PVである。
 ・・・と思ったら、ダウンロードできるZIPの枚数は意外なほど少なかった。構成の妙?
 しかし、一瞬しか流れないと思ってかなり自重しない絵も含まれているのが何とも(笑)。

その2:kutibaan氏


 テレホタイム! テレホタイムじゃないか!!(笑) と言う懐かしさもあるが・・・。
 それ以上に、ネットなのをいい事に猫被ってる奴がいたり本性丸出しの奴がいたり何故かネジ飛んでる奴もいたりするアイドル達に大笑い。ギャップすげええwww

その3:すまーとくっきーP


 今まで優等生Pと呼ばれていたPである。
 その絵は合作やイベントなどでよく見るためすっかりお馴染みだったが、Pとしてはこの作品がデビューだったりする。意外すぎた。
 で、pixivでの名に端を発する慣例的な呼称をやめ、ニコニコでのP名を設定した次第。
 その実力は既に折り紙付き。

その4:daniwellP


なんで処女作でここまで

 一方こちらはVoc@loidM@ster。ボカロPが自作曲をひっさげてニコマスPデビュー
 音系出身だからシンクロにこだわるのは分かる。が、それをちゃんと形にする上に映像技術もここまで高いってのは恐れ入る。

その5:卓球P


 また来たぞ楽しい地獄が。
 しかし、相変わらず告知動画の定義を疑いたくなるクオリティですこと。
 だってよく見るとキャラチェンジしつつ超長回しシンクロ。狡猾シーンでも長回しを止めないという必要以上のこだわりが、何とも(笑)。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。