リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:[アイドルマスター] Agent goes in the night [秋月律子]
作者:けーわんP
特徴:律子ソロ エージェント夜を往く ノーマルPV改




 思わず他のノーマルPV動画と見比べて確認してしまったが、この作品で使われてるダンスは確かに公式そのまんまだ。違う画像を持って来てはいないし、画像を使うタイミングも特に変えていない。
 音声側も、イコライザ系の加工は施してあるが切り貼りは無く、ほぼノーマルそのままだ。
 なのに、この作品は紛れもなくMADになっている

 ただキャプチャしたら、単なるノーマルPV。
 ところが、全く同じ素材がカメラワークでここまで化ける
 この作品、MAD制作者こそが見るべきかも知れない。

見せ方ウマー

 ズームイン、ズームアウト、カットイン、ホワイトアウト、半透明シーンチェンジなどなどなど、様々な技を駆使し、映像を縦横無尽に組み合わせて完成したこのMAD。
 その格好良さは特筆物。ノーマルPVと見比べて、編集技術でここまで印象が変わる物なのか、と驚かざるを得なかった。
 と同時に、一つのフレーズに一つのダンスを組み合わせる、ただそれだけの行為でも魅せるためには相当頭をひねらねばならない・・・という、MAD制作の厳しさも感じた次第である。

 作者のけーわんPは酒呑んで問題作を繰り出す事でも有名だが、ガチダンスを作らせたらシンクロ的にも演出的にも強い。このPが、ダンスの映えるキャラである律子に専属しているのは、何とも数奇な偶然と言うべきか?
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。