リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 『カラフル・トーキョーサウンズ・NO. 9』/萩原雪歩
作者:ブラッキーP
特長:雪歩ソロ Aira Mitsuki 誕生祭



 サムネ画像はこの作品の半分を表現している。すなわちポップ調で雪歩可愛いよ雪歩。
 確かにそれもこの作品の真実だが、ずっと見てるとそれだけじゃない。

カラフルな残像

 と言うのは、実はクールで格好良くもあるのだな。
 萌え要素はしっかり確保されているのに、大胆な背景カラーや構図、M@STER FONTSの活用などで甘いのに丸くはない、エッジをすっきりと切り揃えた爽快感のような空気がある。
 「可愛い」と「格好いい」をここまで両立した作品は、そうそうお目にかかれまい。

いきなりのモノトーン

 そしてダンスのみならず全ての演出が曲のリズムとシンクロしているから、浮かない。
 特に演出の場合、動き始めをリズムに合わせるか、動き終わりを合わせるかで受ける印象が結構変わるが、その辺も使い分けているようだ。

 カラーとモノトーン、ダンスと静止画、素速いシーンチェンジとゆっくりのスクロール。
 相反する要素をメリハリとして使い分け、使いこなす事で、この作品は色々な顔を持つに至った。
 ウォームな雪歩とクールな雪歩が、共にこの中にいる。これは面白い。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。