リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:THE iDOLM@STER ClubNights
作者:不明
特徴:公式曲アレンジ @ClubNights お酒が美味しくなる動画









 かなり前からバナーで宣伝してたこの企画は、アイマスMADとしてはかなり異色である。
 まず作者を誰も知らない。いや冗談で無しに管理人も聞いてない。知っているとしたら作者からこの話を持ちかけられ、管理人を初めとしたブロガー達との仲介役となった爽快Pだが、仮に複数Pの連合軍だったら氏も全員を把握していないだろう。

 次に、この企画はブログを宣伝媒体の主力とした。要はニコニコ上には告知が全く無い。これに関しては、協力を持ちかけられたブロガー達もかなり考え込んだようだ。結果、公式サイトを見れば分かる通り、この企画自体の意義を語ったり、事前公開された曲について語ったり、果てはブロガー同士で座談会を開いて突っ走ったりと色々やった。

↓このポスターも宣伝の一環で、全7枚のうちブログに貼れるのは1枚のみというルール。
 でも、本編公開に伴い公式サイトで全部配布するようになった。

律子ポスター

 ・・・7枚?
 そう、このクラブナイツで歌うのは7名である。誰なのかはあえて言わないが、公式サイトを何回かリロードすれば分かるだろう。

 で、そもそもこれはどういう作品かというと、公式曲アレンジの集合体だ。
 ClubNightsという名称、照明や星空の揺らぎこそあるけれど基本的に映像を廃した構成などから、その方向性は自ずとお分かり頂けるだろう。
 管理人が聞いた時の第一印象は、ズバリ黒薔薇だった。クラブあずさでもOK。

 しかし・・・従来こういう方向性の作品は、歌は外部から持って来て、アイドルの映像を付けるのが一般的だった。アイマス公式曲自体には、大人の夜っぽい雰囲気の物は少ない。
 それを見事なアレンジで空気を変えてしまうのが、この作品の真骨頂。
 迷走Mindがこんなにも切なくなるなんて、実際聞かなきゃ信じられまい。
 でもって、伴奏がオリジナルである事を綺麗に忘れるほど自然に融合した演奏の妙技。

 全力でヘッドホン推奨である。それもiPodの付属品程度じゃ、深く沈み込むベースやきらめくグロッケンを始めとする多彩な音にはちょっと釣り合わない(笑)。
 あとはやっぱり、美味い酒をセットで楽しむのが正しいかな?
 それぞれのパートは大して長いわけでは無いので、気軽に、でもしっとりと楽しむのが吉。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。