リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 雪歩 満天の星空の下で愛を唄う
作者:ΣP
特徴:雪歩ソロ アイマスMAD処女作 Q;indivi Starring Rin Oikawa 誕生祭



 この作品は(9)画質である。解像度が1280×720なのはともかく、24fpsなのは珍しい。
 ニコマスは30fpsか60fpsが多いが、この辺は処女作らしいという気もしなくもない。

 管理人の目にはこの雪歩が妙に可愛く見えた。別に凝ったエフェクトを使っているようには見えないのだが、基本的な画質の高さがそう思わせた部分もあったのかも知れない。
 ほとんどの状況では1Mbpsと2Mbpsの差は気にするほど出ないが、気にはならなくとも間違いなく見えてはいる訳で、この作品はその小さな差が印象の差に繋がるように思える。

いや、もう直球

 ただしそれだけではなく、作り込み丁寧さは処女作の水準じゃない。と言うか、言われないと処女作だと思わない人も多いのでは。
 そういう部分がこの作品の美しさ、清楚で上品な雰囲気を支えている・・・と言ってもいい。

 イルミネーションと星空。夜の中に輝く光、その中に舞うサンタ雪歩。スローダンスのシンクロとウィスパー系の歌声。細かいところでは、歌う直前になって目を開く(開ける速度もリズムに合ってる)などの演出のこだわり。
 全てが落ち着くべき場所に落ち着いている。決して画質に頼り切った作品では無い。
 ・・・で、気がつくと最後まで見ていた管理人であった。

 技巧てんこ盛りという訳ではないのでこういうブログで語れるようなネタは少なめだが(笑)、とにかくこの雰囲気は良い。ちょっと早めの誕生際動画だが、いかにも雪歩らしいという感じ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。