リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:IDOLCOMBAT ZERO 菊地 真 「もうひとつの未来」修正版
作者:ミルP (仮名?)
特徴:真メイン 千早 美希 ACECOMBAT Gジェネ魂




 Gジェネ魂とはSDガンダムGジェネレーションスピリッツの事だそうだ。長いわっ! というのはともかく、つまりこの作品はアイマスとACシリーズとSDガンダムの3面コラボという事か。
 その割には歌い手の声が真に似てるし、曲の雰囲気はエスコンに合ってるしで、不思議なほど違和感が無いのだが。

矛盾と共に生きるために

 この作品、劇中歌という言葉がよく似合う出来になっている。
 血湧き肉躍る雰囲気ではない。もっと重く、そしてどこか寂しげな歌。
 歌い上げているのは戦いの空しさ、分かっていてなお戦う矛盾、それでもその先へ歩もうとする意志だ。凄絶に美しい空中戦と相まって、まさにテーマソングという感じになっている。
 ACシリーズ数あれど、あえてZEROとしたあたりに歌へのこだわりが伺える気がする。実はAC6の画像も入っているが、そこでもZEROカラー機を使っているのがポイント。

 で、この歌と雰囲気に真がよく似合っている。トリオだが歌っているのは真だけで、千早と美希はバックダンサーに徹しているあたり、作者はこの辺にもこだわりがあるようだ。
 そのような要素が作品の中で一つにまとまって、胸を打つ。
 文句なしに格好よく、そしてどこか悲しい。これはそんな作品だ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。