リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスターPV 美希 『遠くても』 feat.真
作者:keykeip
特徴:覚醒美希メイン 真 みきまこ R@P_M@ster 西野カナ 誕生祭



光に満ちた中でも

黄昏の帳の中でも

 なんという美しさだ・・・。という一言が、この作品に捧げる管理人の印象である。

 澄み切った泉のような空気が、この作品には満ちている。
 技術的には、抜いて、光らせて、エフェクトを追加して、自作背景を付けて・・・という、一般的とは言わないまでも結構用いられる手法を積み重ねた作品だ。しかしここには、それだけでは届かない、綺麗としか表現しようの無い世界が広がっている。

 この作品は美希メインだが、セットとして真が男声パートを担っている。
 つまり真は男扱いな訳だが、それがネタにならない。ネタ扱いする気にならない。
 中盤のラップパートは真の独壇場。早回しとスローを巧みに組み合わせた、落ち着いているのに切れ味がいい矛盾を克服したカメラワークは見事なもの。

 リズムやシンクロが悪いわけではない。技術レベルも作り込みレベルも非常に高い。作品の空気的にシンプルと表現したくなるが、よく見ると演出過剰の可能性すらある。
 しかしそれは前に出て来ず、この作品には外連味がないテンポの良さも自作背景も、作品全体を覆う空気の中に溶け込んでいて、あくまで美希が前にいる。

 素直に、しなやかに、そして涼やかに、美希と真はそこにいる。
 人工物の世界にあっても爽やかな風が吹き抜けるような、そんな作品であった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。