リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター THE BAWDIES「I'm In Love With You」真美 春香 美希
作者:ぎょP
特徴:真美 春香 美希 THE_BAWDIES シンクロ率765%



 なんで洋楽タグが無いのかと思ったら、この曲のアーチストは日本人だった罠。

 管理人の内部ではネタ方向に強力なインパクトがあるぎょPだが、この作品は正統派ガチ動画の方向に全力投球で来た。
 その気になればいくらでも抜き技を使いこなすPだが、今回はあえてステージをそのまま使いトーン調整とカメラワーク調整がメイン。三人のアイドルも、タキシードに指ぬきグローブという格好いい系に身を固め、とにかくダンスとステップで魅せてくる方向である。

 そして個人的にヤラレタ! と思ったのはそのような作風であるという事を・・・

やっべ格好いいのに可愛い!?

 開始直後のこのシーン、たった一秒で視聴者に伝えてしまう事だ。
 黒基調で派手さは無い一方、クールさは十分に感じさせる色合いは、この作品が萌え系でもネタ系でも無い事を一瞬で暗示させる。あえて目を出さない程のズームをかけながら、思わずはっとするような表情はちゃんと残すあたり、カメラワークと映像選択に対するこだわりの証明と言えるだろう。
 そして、リズムに合わせズームアップされた肩を振る動きは、この作品がダンスシンクロ重視である事を明白に物語る。
 しかも、ちゃんと可愛さを前面に出す事も忘れてない(これ非常に重要ね!)。
 これほどまであらゆる要素が見事に揃った「ツカミ」は、そうそう無いと思う。
 細かいと言えば細かい話で、こういう所にはこだわらない人もいるだろうが・・・管理人の心は見事に一本釣りされたのであった。後悔などするわけがない。

 で、本編でも真美メインの印象が最後まで抜けない。
 映像の動きがバリエーション豊かなので誤魔化されそうになるが、この作品は3人の配置が最初から最後まで変わらない。真美センターのまま。
 結果、春香も美希もしっかり見せ場をもらっているのに、それでも主役は明確に真美だ。この効果も狙った物なのだろうか?

 細かく見ていくと、色々な意味で研ぎ澄ました作品という印象になってくる。
 無駄な物はなく、むしろ限られた条件だからこそ描ける世界を存分に見せつけられた感じだ。あえて書くと「玄人好みの作品」を言えるように思う。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。