リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター KONE-tail party
作者:ねんどPと愉快な実写仲間達
特徴:合作 実写 フリーダム 自作絵 料理



 ↑なんか変なサムネが見えるが、大体合ってるのでまあいいか(笑)

 さて、このイベントは「こねている」という名称、及び主催がねんどPという所から予想でき・・・る範囲よりも少々斜め上方向に広い範囲をサポートしており、具体的には実写の自作が入ってればOKである。

ああ、誰かやるとは思ったさ!!!!

 だからこういうのもアr いやちょっと待てNOWAYPは真担当だろ!!(笑)

 まあともかく実写という事は、ねんぷちだろうとフルスクラッチだろうと料理だろうと電車だろうと様々な切り口があるわけで、普段見慣れたニコマスとは二味以上違う世界がここにある。
 ・・・それを差し引いてもなお見慣れぬ単語があるが、それはまあ見てくれれば。

ねんぷちはやっぱ強い

 その作風もバリエーション豊かで、本格的作ってみたもあり、人形劇ストーリーPVもあり、理解を超えたカオス(笑)もあり。
 映像素材自体を自分で作ってるだけあって、かなり意表を突く刺激がある。
 あと、この手のイベントでは恒例だが結構豪華なアイキャッチイラスト陣も注目。これもまた自作の一部と言えるかも知れない。

トエト帽子を連想しました。可愛い

 管理人はこのパーティを見てて、普段ニコマスを見てる時とは脳の違う場所が働いてるような感じがした。面白さと同等以上に目新しさを感じるというのも珍しい。
 実際、これは様々な意味で独自色が強い。その結果特定分野の人にとっては参加の敷居がむしろ低くなったのだろう、このイベントでニコマスデビューしたPが二人いる。
 この世界もまた確かにニコマス。頭が固くなってたかもなー、と思う事しきり。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。