リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 「Your Shade」 ゆきまこっ
作者:彩都P
特徴:ゆきまこ 雪歩 真 tiaraway D→A:BLACK



 なんと2008年4月以来、1年半ぶりの作品投稿となる彩都P。
 つまりこのPが七夕革命によってもたらされた抜き技を使うのはこれが初めてという事になるが、平然と使いこなしているのは流石と言うか何というか。

 ペアユニットであるtiarawayに対し、この作品で踊るのは雪歩と真。
 元々がPS2用ノベルゲームの主題歌という事で、一般の歌謡曲とは少々異なる空気を持つ。この作品全体もまた、その歌と同じ空気を持つ。
 愛の歌という点「だけ」はポピュラーだが・・・重く、悲しく、そして強い。

求めながら背中合わせ

 この作品は大きく分けて三つのシーンから構成されているのだが、どのシーンも透明感のような清涼感のような物を感じさせる割に全然軽くない。
 では、その重さを感じさせる物は何かというと・・・その答えは多分、

吹き抜ける風が・・・冷たい

 このシーンに端的に表現されているのだろうと思う。

 暗闇がメインである事、シーンによって異なる服装、背中の翼。すれ違う二人、背中合わせに流す涙。色々な表現を鑑みるに、この作品の二人は決して幸せではない。むしろ、届かぬ幸せに手を伸ばし、見えぬ未来に向けて彷徨い歩いているように見える。
 その道は決して平坦ではないはずで、恐らく何度も泣く事になるに違いない・・・が、その歩みが止まる事は、無い。
 そう思えるからこそ、この作品は重く、悲しく、強く感じるのだろう。
 そして、それが美しさとなってこの作品を満たしている。

 実のところ、ゲーム本編を知らないせいか、管理人の頭はこの作品が訴えようとしている物をうまく分析できない。けど、訴えかけてくる物がある事は強烈に分かる。
 頭の中ではよく分からないのに、胸の内でははっきり分かる。
 これはそういう作品だ。願わくば無数の星の中で、この二人に出会いがあらん事を。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。