リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【Novelsm@ster】Swanky Street【the pillows】
作者:おしるP
特徴:春香メイン pillows Novelsm@ster



 作者はこれをNovelsm@sterに分類しているが、im@sストーリー系PVと言う事も出来そうだ。
 このブログでのカテゴリ分類は「戦記・ノベル・教養系」ではなく「天海春香ガチ」にした。
 理由は見て頂ければ分かるかと。

 今更言うまでも無く、春香のエンディングでPと春香は別々の道を歩み出す。
 他のキャラのエンディングに比較すると、かなり救いが無い。が、冷静に考えると未だ16歳の少女を相手にしてるんだから、その方が当然という解釈も存在する。
 では、その「当然」の終局から先はどうなるか。
 それを描いた作品は、エンディングのインパクトの強さ故にかなり多いが・・・こういう展開は少なかったのでは無かろうか?

いやいや説得力ありませんぜ旦那w

 同じ事務所にいながら何となく疎遠になってしまった二人。まあ、そうなるだろうなとは思う。
 どす黒い情念(笑)や部屋の風景がPの独白と全く方向性が合ってないのは笑った。このP、必死に自分を納得させようとしてる割に全然諦め切れてねぇ。
 その「無理してるっぷり」の表現は非常に上手いと思う。
 春香は春香で、傍目には全力で前進しているが・・・おっとこの先は言えねぇな!

 単なる2828では無いし、単なるハッピーエンドでもない。バッドエンドでもない。かといって、何も無い訳でもない。
 というか、これはトゥルーエンドと言うよりむしろプロローグ?
 pillowsの、傷付きながらも前を向き続ける歌がよく似合う作品だ。この、真摯だけどちょっと軽くてどこかドタバタした世界は、春香であるが故にしっくりと収まる。

 ちなみに、おしるPの事務所に変態紳士は存在しないそうな。
 大百科の記述は、今回も維持されたのであった。妄想部分はちょっとやばかったが(笑)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。