リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 忙しい人のための「私はアイドル」
作者:薄幸P
特徴:伊織ソロ 公式曲アレンジ




 絵は静止画1枚しか無いため、「音楽メイン」のカテゴリーに入れる事も考えた。
 しかし音楽メインと言うにはあまりにネタが強力すぎるので、あえてキャラ名カテゴリーとした。

 一応真面目に論評すると、この作品はある意味MADらしいMADである。原曲の切り貼りのみで、歌の意味を原作とは似ても似つかぬ物に仕上げてしまっているのだ。
 技術的には音声の切り貼りしかやってないから、身も蓋もなく言えばPCとフリーソフトがあれば誰でも出来る。必要なのは作者のセンスのみ。
 こういうシンプルな手法は、大作のオンパレード状態になっている最近のアイマスMAD業界・・・というか、ニコニコの自作MAD業界・・・では、逆に新鮮であった。そのため結構な数の模倣者を生んだのだが、結局は元祖の薄幸Pが第一人者の立場を維持しているようだ。

 2007年11月1日に突然現れたこのPは、ほぼ一日一作というハイペースと、曲の切り貼りだけでナイスなネタを仕上げる実力を兼ね備えており、新作に「またお前か」とコメを付けられる頻度はありすえPをも凌ぐんじゃないかと思ったりする。ただしハイペースの理由は自宅療養中だからだそうで、いずれ社会復帰したら活動が停滞するものと推測される。というか復帰してもこのペース維持したらやばいわな。

 ともあれ、数ある薄幸Pの作品の中から今回は伊織編を選択した。
 未だかつてここまで正々堂々としたニート賛歌があっただろうか?
 困ったことに、ステレオタイプのツンデレと思っていた伊織のイメージが、これを聞いてかなり変な方向にひっくり返ってしまった管理人である。MADなのは分かっているけど、あまりに内容がナイス過ぎるもんで・・・。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。