リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスターPlay b@ck いつかの風景
作者:コロP
特徴:春香 雪歩 David_Bowie Heroes im@sストーリー系PV おっさんホイホイ



 この作品の主役は誰だろうか?
 ちょっと考えてみて欲しい。

共に歩んでいた日々と

隣に誰もいない日々と

 頂点に立てるアイドルは一人だけ。
 聞き慣れた言葉だ。しかし、その現実を叩き付けられる時はいつか必ず来る。
 コロPは容赦しない。ゲームの中においては当たり前のように到達できるハッピーエンドが、本当は当たり前でも何でも無い事を視聴者の首根っこをひっつかんで見せつける。
 デビッド・ボウイの歌も、また苛烈と言っていい程に切ない。
 夢は必ず叶う。自分達は輝くことが出来る。そんな事はあり得ないと思い知ったはずなのに、なおその希望を捨てきれない・・・そんな歌。

 あえて画像は出さないが、5分前後あたりからの雪歩とPの姿が、尋常じゃない。
 その表情は見えない。泣いているのか、それとも笑っているのか。どっちもあり得る。

 改めて聞こう。この作品の主役は誰だろうか?
 それぞれに物語があり、それぞれに人生があり、ある者は走り続け、ある者は足を止めて。
 どんなに頑張っても絶対に無駄な事は、間違いなく存在する。泣いてもわめいても法に訴えても神に祈っても、それでも手が届かない物なんて、この世には腐るほどあるのだ。
 ・・・そして、手を伸ばせば届く物もまた、この世には腐るほどある。
 挫折、だろう。しかしコロPは言う。長い人生のたかが一年のこと、と。

 それが現実。それが真実。・・・だけど、それでも。

夢追い人、また一人

 それでもなお、たかが1年に全てを賭ける人は後を絶たない。
 かくして、また新たな物語が幕を開ける。新たな主役と共に。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。