リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター「LUPIN THE THIRD '78」
作者:う~おっほいP
特長:iM@S Jazz Fes '09 (iJF09) おっさんホイホイ iM@SKA ルパン三世



 東京スカパラダイスオーケストラがここに来てニコマス内でいきなりブレイク
 7/18のあるつP(怒首領蜂P)の傑作に続いて、う~おっほいPが強烈なのを投入してきた。
 ジャズフェス向けの選曲がカブった? 単なる偶然? ともあれ、それまでほとんど使われていなかったアーチストが唐突に違う作者にほぼ同時に使われるという事は意外にある。
 バキじゃ無いけどシンクロニシティという奴を信じたくなるのはこんな時だ(笑)。

フレーム+正統派シンクロダンス

 ジャズ、だけどスカ。Wikiってみたら、なんでもジャズやリズム&ブルースの影響を受けたジャマイカの音楽スタイルらしいが、とりあえず夜の雰囲気があるジャズに対して真っ昼間からハイテンションに突っ走るのがスカという解釈を管理人はしている。
 少なくともこの作品についてはそんなに間違えた解釈じゃないと思う。

誰だ下字幕入れたのはw

 曲といい映像といい非常にノリがいい作品なのだが、よく見ると意外な程にエフェクト系や抜き技系の演出は少なく、ステージダンスで押し切るスタイルを貫いていたりする。
 ハイテンションなシンクロダンスをベースに、弾痕のようなフレームや時々入るダンス以外の映像が上手い具合にスパイスとなっている感じ。ただのダンス作品じゃないぞ、と印象づけつつもダンスメインである事を決して否定しない。
 その結果、映像がスカのノリと見事にマッチする。このハイテンポにはメリハリのあるダンスがやはり似合うよね~。

 選曲はおっさんホイホイかも知れないが、このノリは若者の物だ。
 つーかおっさんでも強制的に若返らせるぞこいつは(笑)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。