リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター アタシんちの美希は無限大
作者:RidgerP
特徴:覚醒美希メイン 春香 千早 GIRL NEXT DOOR Infinity



 久々の完全新作は予告編が出ていたMaster Artistの春香版ではなく、いきなり趣向を変えてきた。この方向はおもいっきり予想外だったが、同時に感じた事がある。
 この作品は・・・RidgerPの作品としては珍しく、アイドルに手が届く。

これは恋する乙女の目だー!

当たり前のように3D背景使うし・・・

 完全な四角形ではなく中央をちょっと絞った(奥行き表現狙い?)画面とか、軽快なのに重厚なダンスとか、被写界深度を当たり前のようにいじくる自作背景とか、そういう技術面は他の方が各々のブログで熱く語ってくれているはずなので、とりあえずスルー(笑)。

 んで気になったのは、早い話この作品の美希が超然としていない事
 今は消されてしまった「太陽のあずさ」の場合、カメラアングル的には目の前にいても、その存在は手が届かない所にあった。神聖不可侵とも言える圧倒的な空気があるが故に、その姿は太陽の女神と呼ばれてリッジャーターンなる言葉まで産むに至った訳だが・・・。
 RidgerPの作品は、そういう俗人を寄せ付けない空気がある。律子も伊織も春香も雪歩も、親しみやすさは後ろに下がって格好良さ・美しさが前に出ており、視聴者が彼女たちを「身近」に感じる事はほとんど無い。それがRidgerPの作品の一般傾向だ。

 だか美希だけは違う。暁の記憶といいカクテル参加作といい、コミュ映像の使い方が微妙にバカップル入ってる。そしてこの作品の快活さ、自重しない作者コメント、序盤の私服、あふぅスモーク、何より25~30秒のシーン。
 他の作品と同様の格好良さも確かにあるが、それ以外にも何かがある。
 一方バックダンサーに徹している春香と千早、その他のアイドル達については普段のRidger節が出ていて、格好いいけどちょっと触れがたい物を感じるから面白い。

 つまりRidgerPの嫁は美希に違いない。
 嫁じゃないとしても、幼なじみか腐れ縁レベルにはなってるだろうなあ(笑)。
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/12(日) 18:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。