リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 春香 「雨のちスペシャル」(國府田マリ子)
作者:a-eruP
特徴:春香ソロ みんなのうた 一応おっさんホイホイ



 なんでもこの曲、國府田マリ子をNHK「みんなのうた」がフィーチャーしたのだそうな。
 そりゃまあ歌手としても活躍してる人だけど、管理人的には國府田マリ子はオタク受けという印象が拭えない上に、それが行われたのは10年以上前、オタクが今ほど市民権を得ていない時期であって・・・要はねとすた以前からNHKってフリーダムだったんだなあ、と変な感慨を抱いてしまった(笑)。
 まあ「みんなのうた」自体が非常にフリーダムとも言えるが。

 ただし、この曲は歌い手に多少のフリーダムさが伺えるが曲自体は見事にガチである。
 とってもまっすぐで正統派である。
 故に春香である。異論は、この作品を見てしまうと出そうと思っても簡単には出せまい。

雨には雨の楽しみ方を

 この作品における雨は、単なる天候としての意味だけでは使われていないだろう。
 だからこそ春香を選んだのがハマっている。
 最初は完全に白黒で、でもだんだん色づいていって、最後は思いっきり色鮮やかな世界が広がるのも、きっとちゃんとした意味がある。
 部屋の中や町の中という情景に合うダンスの選定、ちゃんと部屋の中では靴を脱いでいるなどの細かい処理。ガツンと来るインパクトは無いが、隙のない丁寧さがあり、表現したい世界を確かな技術がしっかり支えている作品だ。

 雨は鬱陶しいけれど、この春香を見ていると外が雨でも元気が出てくる。
 いつかスカッと晴れたら、空は飛べないけどどこかに行ってみようかな・・・?
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。