リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 『Two Moons』 伊織
作者:けるまP
特徴:伊織ソロ iM@S声優コラボPV 釘宮理恵 ルイズ ゼロの使い魔



 今年5/31デビューのけるまP、これが2作目。
 2作目でこれですか・・・と嘆息せざるを得ない。映像技術もそうだけど、その技術の生かし方、作品として組み立てる手腕の方にこそ鳥肌が立つ。

こだわりが・・・

 例えばこのシーン、抜いた伊織に様々な効果を重ねた上に、よく見ると影が二つある。
 その二つの影の濃さの変化と、伊織に落ちる影の濃さの変化が連動してたりする。
 なるほどと思う演出だが、たった数秒のシーンなのに超めんどいだろこれ!

おおー

 その他にも当たり前のように座っている伊織の絵を作ってくるし、全編通してかすかなソフトフォーカスで神秘的な空気を醸し出すし、ラストのポートレートでは突然「美しい」から「可愛い」に転じた伊織で萌やし殺しに来るし。
 細かい所では、曲と伊織の雰囲気にぴったり合った背景写真を使いこなすし。いや、真剣な話でここまでハマる背景を持ってくるのは容易じゃないと思うんだが。

 謎の技術って、結局は謎の努力の事なんじゃないか? と最近思う管理人である。

 ゼロの使い魔のルイズの歌、という事で選曲自体はベッタベタ。
 ・・・のはずだけど、釘宮病の発症する余地が無い(笑)。こうも静謐に美しい空気の中ではくぎゅ弾幕を貼るに貼れない。
 直接口にする言葉は少なくとも、雰囲気があまりにも雄弁。そんな作品である。すげぇ。

 それにしても、ニコマスを見てると世間が才人だらけに見えてくるのが怖いぞ(笑)。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。