リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【アイドルマスター】 迷的サイバネティックス 【巡音ルカ】
作者:うてにゃんP
特徴:千早 春香 Voc@loidM@ster otetsu



 ルカってこんなに自然な歌声だったのか!?
 という点にまず驚いた。確かにボカロっぽさは残っているんだけど、それがもたらす不快感は極めて小さい。「下手な人間が歌った時に抱く不快感」よりマシな程だ。
 こりゃ歌ってみたもうかうかしていられないな~、と思いつつ。

 そのルカが歌うオリジナルソングは、なかなかに破滅的だ。
 人の愚かさをボーカロイドが歌う所に意味深な物を感じてしまったりもするが、それは偶然という事にしておこう。

紅く染まった都の意味は

 歌い手を担う千早は、歌い手であると同時に、多分「都」の象徴でもあろう。
 そこに重なる春香がまた意味深だ。最初は同じ服を着て向き合っていた二人が、気がつけば背を向けて別の道を歩き出す。沢山の機械と、倒れ伏す人と、炎に沈む都市と・・・。

一瞬を掴んで撮るの大変だったw

 ロボット軍団でも美希のパンチラ(笑)でもなく、あえてこのシーンを載せておこう
 よくある事だ。
 迷いを捨てて・・・いや、迷いから逃げて。脇目もふらずに・・・否、何も見ようとせずに
 これが正しいと勝手に決めつけて突き進んだ果てに起きる事としては、よくある事だ。
 都が意志を持っていたとしたら、やりきれまい。

 原曲の持つ暗い世界観を、笑顔がメインのアイマスでよくここまで描き込めたもの。
 そして、歌だけではここまでの衝撃は多分受けなかっただろうと管理人は思うのだった。
この記事へのコメント
紹介ありがとうございますっ

私の作品でここまで反響のあった作品は、無かったりします(゚¬゚;
今まで怖くて、こういうテーマで踏み込んで表現することが無かったので緊張しすぎて胸が苦しかったのですが
ボカロとアイマス双方に評価してもらえて、しかも、好意的に見てもらえたのがすごくうれしかったです。

特に雪歩のシーンは、自分でも『これやばいだろ・・・・』って思ってたのですが
ここで、緩くしてしまっては、作品全体が緩いものになってしまう気がして踏みとどまらなかったのが良かったんだと思います。
雪歩ファンの人はさぞ、引いたことでしょうけど(汗)

>これが正しいと勝手に決めつけて突き進んだ果てに起きる事としては、よくある事だ。
春香で表現した部分はまさにそれなんですよね!
千早は、思いとどまらせる役だったのですが、その声も届かず、ついには、国が滅びてしまう・・・・。
2009/06/02(火) 11:00 | URL | うてにゃん #-[ 編集]
社会派は常に求められているのです。そしてそれを求める視聴者には、本気でぶつかれば受け止めてもらえると思います(真面目)。

で、作品の方向性的な意味では雪歩より美希の方がやばかったっす。モローモロー(壊れたw)。
2009/06/02(火) 22:57 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。