リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスターPV ~泣き虫少年~ RockBand Version
作者:G様P
特徴:覚醒美希 春香 雪歩 やよい MikuMikuDance Buono!



 時代の流れは管理人の想像を遙かに超えて速いらしい。
 そりゃあ確かに、七夕革命以降は抜き技が扱いやすくなった。自作ステージの遠近感処理についても煮詰められてきて、不自然さの無い作品が増えてきた。
 MMD側もモデルが広く公開され、その造形や動作の洗練が進んでいる。
 いずれ両者が交錯し融合する日が来るとは思っていた。
 ・・・だが「その日」の首根っこを掴んで力ずくで「今」に引っ張ってくるPがいるとは思わなかった。
 いや、いつか誰かがやらねばならなかった事だけどさ。

静止画ではもう違和感無し!

 まぁ論より証拠という事で。
 ステージ映像では、センターの美希はアイマス映像。他の3人は、バストアップ時はアイマス映像、演奏時の全身像はMMDという組み合わせだ。オールMMDではやはり限界があるため、アイマスの映像をカメラ切り替えや楽器演奏以外のシーンで入れ込む事で弱点を補強し、作品全体のクオリティを整えている。
 技術の使い方という観点からは「いい意味で誤魔化しがうまい」と評すべきか?

 実際の所、それでもまだMMD側のクオリティに甘さを感じるのは事実だ。この作品だけでなくMMD全般に言える事だが、やはり動きがぎこちない。
 が、それは思った程大きくない。案ずるより産むが易しと言う諺通り、いざ合わせてみると何とかなってしまった。
 そして、こういう形で作品とされる事が、後に続く者達のモチベーションを呼び込む。ニコマスもMMDもそうやって人を集め、技術の進歩を加速させて発展してきた。
 今回もそうなるだろうという確信めいた物が、管理人にはある。

 これは確かに新時代の幕開けだろう。
 いざその時が来ると、予想可能だったはずの事象であってもドキドキするもんだね~。

 え? また初心者の敷居が高くなった? ・・・いや、MMDは色々なデータが無料で公開されているから、うまく使いこなせばむしろ敷居が低くなるかもよ?(笑)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。