リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドル達はきしめんを踊っていきました
作者:不明 (代理アップ:maruo)
特徴:全員 名作の組み合わせ




 代理アップのmauroという人は、かつての週刊ニコニコランキング制作者である。
 そのためすわ大物参戦かと騒ぎそうになったが、このMADは知人が作成した物でmauro氏はアップしただけとの事なので誤解無きよう。

 さてこの作品はMADのMAD、つまり二つのMAD作品のマッシュアップという形態を取っている。二次創作ならぬ三次創作と言うべきか。
 他のPが作った作品をいじる、という手法はこれまでもあったが、大作同士をここまで徹底的に組み合わせたのは珍しいと思う。

新たな可能性が見えた

 と言うかニコマスにどっぷり染まった人だと、しーなPアイドル達は大変なものを踊っていきましたぬいぐる魔Pアイドルマスター きしめんをくっつけようという発想にはなかなか至らないんじゃ無かろうか。どっちも名作なだけに、何となく恐れ多い気がして。

 しかしながら作者(代理up者)のコメントを見ての通り、一歩身を引いてニコニコ動画の全景を見渡すと、原作同士をくっつけた作品は以前からあった。
 それをアイマスに応用するという、ある意味素直な発想の下でこのMADを使ったMADは誕生したわけだ。その際に極めて知名度の高い作品を選ぶのも、あえてマイナーを選ぶ理由が見あたらないから自然な流れであろう。

 しかし少なくとも管理人の目には、それが新鮮に映った。
 名作であろうと、と言うか名作だからこそネタにするという姿勢に忘れかけていたMADの原点を見るとともに、こっちの思考が硬直してた事に気づかされたからである。
 発想はむしろ安直、しかしこれも一つのコロンブスの卵だと思う。

 原作同士を使った完成度の高いマッシュアップがすでに存在するだけに、その原作の曲を忠実になぞった二つのMADのマッシュアップもいい出来だ。きしめん側はテンポアップしてるが、画像のタイミングもそれに併せて調整されており、なかなかの良編集と言える。

 けどやっぱりこの作品は、作品自体の出来以上にこの発想に至った事の方にティンと来るのである。
 名作をベースに遊ぶのは、別にコメント職人だけの特権じゃ無いよな・・・。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。