リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター Håll om mig
作者:さいふぉんP
特徴:春香ソロ iM@S洋楽コラボPV Nanne_Grönvall H.264



 この作品、春香は歌ってない。
 最初から最後まで、音楽に合わせて踊っているだけである。
 それ以外、特に派手なエフェクトも演出も無い。つまりたったそれだけのはず。

 なのにこの春香の存在感は尋常じゃない。

存在感がはんぱねぇ

 この作品は瞬間的なカメラ切り替えの鋭さや、あえて抜き技と通常映像を重ね合わせる事で春香を浮き立たせるなどの演出が渋い。
 またシンクロも速度を大胆に調整し、速い動きと緩やかな動きのコントラストが非常に印象的である。1:25~1:40あたりが分かりやすいが、その変動幅の大きさたるやスポットライトの回転速度が露骨に変わる程。ここまでやるのはかなりの度胸が必要だろう。

 ぶつ切りになりかねないシーンチェンジの連続。破綻しかねないほど大きな速度調整。
 しかしこの作品では、それが軽快さと重厚感の両立に繋がっている。いわゆる定石からは外れていそうな大胆さがこの作品に、他とは一味違う存在感を与えている。
 もはやスポットライトや紙吹雪まで春香と共に踊っているかのようだ。

 この作風は、他のアイマスMADよりも、同じ曲を使ったプリンセスチュチュのMADに近い。
 作者も参考にしたかも知れないが、ともあれこの作品はシンクロダンスという物の可能性と奥深さを見せてくれたと思う。
 唯一残念なのは・・・この曲がiTunesにしか無く、CDで買えない事か。管理人はiPod使わないんで(苦笑)。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。