リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【アイドルマスター】まっくら森の歌【手描き】
作者:motaP
特徴:メカ千早 im@sMSC3 攻殻機動隊 MASTERARTIST H.264



 MSC3の準優勝作品。同時に、管理人が最初から最後まで投票していた作品でもある。
 その手描きのインパクトだけでなく、ネタのように見えつつも実はとんでもないガチなのではないか、という予感がしたためでもある。何しろまっくら森だから。

ひとりぼっち

 千早カバーの「まっくら森の歌」と、攻殻機動隊の世界観を、手描きのメカ千早を軸に融合したこの作品。
 両方の素材を見事に生かし、どっち方面から見ても文句の出ない出来映えとなっている。それでなおかつアイマスMADとしても成立しているのだから、これは凄い。

 一方でギャグセンスも秀逸で・・・MSC3を序盤から見ている方ならお分かりだろうが、当初はののワさんとか制服を着た小鳥フチコマ(管理人は漫画派である)などでカオスを漂わせ、この完成版でもラストで思い切りぶちかましてくれる(笑)
 ガチな部分はとことん深いだけに、よくぞやってくれたという感覚とガチで固めて欲しかったという感覚が正面衝突して複雑骨折。管理人のゴーストが乱されて仕方ない。

背景のダライアス魚と木は位置関係がおかしい

 ガチにもネタにも秀逸さを見せるこの作品だが、管理人にとってはっきりしている事は・・・
 見ていてこんなに背筋が震えた作品はほとんど記憶に無い
 という事だ。
 涙腺に来るのとか胸の内に来るのとはまた一味違うんだな、これが。
 奇妙で奇怪な闇の中に、悲しさ、切なさ、恐怖、あこがれ・・・様々な「感情」が渦巻き、そこで生まれたゴーストはメカ千早として現実世界に生まれ落ちる。
 ラストに訪れるオリジナル千早との邂逅は、さしのべられた手を取る事は、彼女にとって何を意味するのか。何が終わり、何が始まるのか。
 細かい事を考えなくても、深読みしまくっても、そのインパクトに陰り無し。
 MSC3でこの作品と心中した事に後悔は無い管理人である。
この記事へのコメント
卓球Pのラジオで同じようなことを言ってしまった……。
ラジオ終わってからこの記事読んだのに時系列的にパクったって言われそうw
キリコさんも聴いていらっしゃったようなだけに、かなり赤面(///

それはさておき。
フル版になることで、実に真っ当なSFファンタジーになりましたね。
motaPには今後も期待。
2009/04/15(水) 20:33 | URL | もう、ダメ #-[ 編集]
ぱくったなー(笑)
いや、あれは思うでしょ普通に。30秒ぐらいまでは、ダライアス魚がいなかったらネタにしか見えなかったですし。

motaP、本格的な作品は寡作なんですよね。実はこれが出てくるまでよく知りませんでした。
次を期待しちゃうのは同感です。
2009/04/15(水) 20:40 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。