リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター×妖精帝國 Patriot Anthem やよい春香律子
作者:つくねP
特徴:やよいメイン 春香 律子 iM@S闇鍋Party3rd H.264



 とりあえず作者コメはスルーで。あと提供してる甲殻類もスルーで(笑)

 闇鍋3rdの単品である。
 そこで与えられたのが「やよい」で「orz」という、普通なら考えそうにない組み合わせ。
 つーか管理人だったら、このテーマ与えられたら「やよいがorzとなる展開」にするだろう。

 ところがつくねPは、春香や伊織ならともかく、この手の演出が最も似合わなさそうなやよいをあえてこの方向に持ってきた。
 しかもガチである。闇鍋なのに。いや、闇鍋だから逆にこの方向のガチが出来たのか?

珍しい演出、珍しいトリオ

 付き人が春香と律子。ロリトリオではなくあえて年上の、しかも年下のフォローが上手そうな二人を揃えたのは偶然なのか意図的なのか。いや、建前上はそれぞれの名前のスペルからテーマであるorzを発掘するための組み合わせという事になってるが、だったら曲自体にorzを連想させる要素は必要無い訳で・・・管理人的には深読みしたくもなるわけだ、うん。
 いずれにしろ、この世界観の中で、この二人を相手にして、それでもやよいがしっかり主役を張っているという構成は見事だと思う。

 妖精帝國とやよいを合わせてみると、意外に声に違和感を感じなかったりするのも面白い。
 神殿を背景にしながらダークな雰囲気が拭えない世界で、それでも無邪気な笑顔を絶やさぬやよいが、不思議な程調和している。
 無邪気ではあるけれど、この笑みは多分、天使の笑みではない。

 技術的な面のクオリティも非常に高いが、それ以上に滅多に見ないやよいの意外な一面を見せてくれた点で、この作品に惹かれざるを得ない管理人なのである。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。