リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1:ナムコナミP


 ロリトリオ+パジャマ+赤ちゃんセット=凶 悪 (笑)
 ・・・なんだけど、曲や背景も合わせてここまで徹底されるとむしろ背徳感が減るね。
 リビドーよりも父性本能を刺激されてしまう。

その2:スカーレットP


 たったこれだけ、という表現をこの作品には使っていいと思う。
 けれど、この「たったこれだけ」に敗北感を感じるPは結構いるのでは無かろうか?

その3:ぺろP


 サムネ画像は正統派の春香誕生際動画に見えたんだが・・・
 開けてびっくりアマミゴールドかつ紳士の乱交場。もう社交場という言葉すら生温いわww
 一瞬は料理教室のように見えたけど何だそれ何だそれ!?

-------------------------------------

 ちょっと少なめだが、通常営業のチラ裏はここまで。

 んで、残りはと言うと・・・どういう訳か、
同じアイドル、同じ方向性の作品が別のPからほぼ同時に出る
 という珍しい事象が発生したので、それを並べてみようと思う。

その4:リンP


 リンPと雪歩の奮戦記。駆け出しアイドルで、決して売れっ子じゃなくて、でも必死に頑張っていて、それでも大して売れていないんだけど、日々は輝いていた。
 リンP雪歩の連作は、頂点から遙かに離れた所で戦っている。それがもたらす一片の空しさを内に秘めつつ、だからこそ、その輝きは強くないのに心の奥底まで照らす。

その5:かきP


 テーマが「嘘」だったので4/1に投入された単品。その時のタイトルはネタだった。
 嘘から出た真? 嘘もつき通せば真実になる? White lie? 何でもいい。少なくとも、今ここにいる雪歩がアイドルである事に嘘は無いのだから。
 他の選択肢はもう無い。あるかも知れないが目に映らないし、探す必要もない。何度も挫けそうになり、その度に引っ張り上げられているうちに、気がつけばそう言える所までこの雪歩は辿り着いていた。

その6:シラカワP


 そして、歩き続け、更に歩き続けて、遠い遠い地まで辿り着いて。
 そこから歩いてきた道を振り返ると、自分が残してきた足跡の周りにいくつもの別の足跡。
 みんなの足跡は別々の方向へ続き、今ここにいるのは一人だけ。でも、その足跡があったからこそ、自分はここまで来れたのだという事。
 シラカワP雪歩の連作は、リンP雪歩とはまた別の寂寥感を感じさせつつ、同じような充実感を視聴者にもたらす。


 ・・・三者三様の雪歩像。同じ所と違う所。
 春香誕生祭の作品大空襲の中で、面白い共演が起きたものだなあ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。