リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 彼女と笑えれば。
作者:メイP
特徴:千早メイン 春香メイン iM@Sオールスター ウルフルズ H.264



 何故メインが二人いるかって? 見れば分かるよ。

 千早は、その過去故に自らの心を閉ざしている部分がある。自らを守る為に作り上げた固い殻の奥には、感受性の強い少女が目を閉じ、耳を塞いで小さく震えている。
 辛い事から逃げ、殻に閉じ籠もっている内に、気がつけば外の世界全てが怖くなってしまった少女。それを責めるのは酷というものだろう。その時の千早はあまりにも幼かった。

 ・・・しかし、そろそろ出てきていい頃だ。呼んでいる人がいるのだから。

殻は容易に割れないが

 ただ、こういう時って優しい言葉はあまり意味が無いんだよね。
 必要なのは「別に怖くないよ」という事の証明であり、具体的には思いっきり弱みを見せてなおあっけらかんとしている事。
 何の飾りも策も無い事。身を守る殻なんか、無くても大丈夫だという事。
 春香はそれを、ある意味身をもって示す訳だが・・・春香だからこそ、それが出来たのかも。

思い切って・・・

 この作品は、千早の「最初の一歩」。
 一人で歩き続ける事をやめ、みんなの方に向かって足を踏み出す最初の一歩。
 多分、怖いと思う。不安があると思う。何しろ、拒み続けてきた物を今になって受け容れようというのだ。真面目でストイックなほど、それは勇気を必要とするに違いない。

 それでも・・・みんなが呼んでいるから。みんなが笑っているから。

 ・・・メイPは相変わらず選曲が神がかっている。
 はるちはに留まらずオールスターを持ってくるあたりも凄い。
 かくして千早の世界は青一色から青と赤の二色へ、そして様々な色に満ちた世界へと変貌を遂げた。それは同時に、みんなの世界にも色が一つ増えた事を意味する。
 幸せってのは、多分そんなもん。

 最後の最後に満面の笑み。それが、この作品で千早が手に入れた物なのだろう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。