リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター エージェント ~Moonlight Paradise~
作者:ぷげらっちょP
特徴:千早ソロ KAKU-tailSP アイマス公式曲MAD エージェント夜を往く H.264



 カクテルSPの3-Dでラストを締めたこの作品は、同時に管理人が全60本の参加作の中で最も衝撃を受けた作品である。
 とにかく強力なのはその映像美で、見た瞬間に言葉を失った。

月光に映える

 千早、公式曲、暗闇、月、魂、溢れる光。
 管理人はこの作品を見て、ダムPの月下祭を思い出した。実を言うとその月下祭は管理人にこのブログを開設させるに至った作品の一つで、管理人の思い入れも特別な物がある。
 あるいはその影響で、同じ空気を感じるこの作品を冷静に見れていないかも知れない。
 でもそんなの関係ねぇ。元々このブログ、冷静にやってるつもりなんか無いし(笑)。

 それにしても驚きなのは、エージェントにこの映像という事だ。
 月下祭なら、こういう世界を連想させるのは分かる。しかしこの曲は、普通なら連想するのは路地裏や薄暗い酒場や銃だろう。
 しかし出てくるのは荘厳な神殿(?)に、静かな水面に、舞い踊る魂。そして、全てを見下ろし青白く輝く月。
 何故この世界を合わせ得たのか、それが管理人には全く分からない。

正に異界送り

 そして、ここまでやりたい放題の映像スペクタクルを突っ込み、もはやゲームの原型は無いに等しいのに、それでも千早が主役である事は全く揺るがないし、千早が千早以外の何かになる事も無い。
 この圧倒的な世界の全てが、千早を食うどころか彼女に付き従っている。
 技術的な面で違和感があるの無いのという次元の話はとっくの昔に飛び越えて、千早がこの世界に完全に調和し、この世界を掌握し、千早そのものでありながら、もはや神々しさまで感じさせるのが凄い。

 エージェントは本来こういう曲じゃないし、アイマスは本来こういうゲームじゃない。
 そのはずだ。でもこの作品を見ているとそれを忘れてしまう。
 それだけの物があるから、管理人はこの作品に惹かれてやまない。
 ・・・で、これだけやっといて最後にオチ付けるから油断ならないんだよなこれが(笑)。
この記事へのコメント
最後のオチってなんなのかしら?
2009/03/30(月) 00:52 | URL | #-[ 編集]
72
2009/03/30(月) 20:13 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
あまりに見慣れた数字で違和感なかったのか・・・
2009/03/30(月) 23:14 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。