リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:ぷよm@s
作者:介党鱈P
特徴:ぷよぷよ NovelsM@ster ゲーメスト ベーマガ H.264



 うわー、どうやって撮るんだよこの対戦風景・・・。
 というのが管理人の偽らざる印象だったりする。いや、だってねえ・・・。

 このシリーズは架空戦記というかノベマスというか、とにかくその系統に位置するんだけど、他の作品と異なるのはアイドル達が「ゲームで対戦する」という点。
 つまりゲームの対戦風景を撮らねばならず、作者が二人必要になる。
 この介党鱈Pは猫先輩なるパートナーを得て撮影しているそうな。
 だが・・・もっと凄いのはその戦術がやたらハイレベルな事

 このシリーズは初代ぷよぷよをベースにしているのだが、その初代ぷよは最強の戦術として4連鎖ダブルという技が広く知られている。
 それを使いこなす小鳥が、何故か「負けたらアイドルデビュー!」という事になってしまい、アイドル達の間でぷよぷよが異様に流行り出す。小鳥の歌を世に出すために気合いを入れる者、単に楽しんでる者、目覚めちゃった者、頑張っても弱い者、など様々な側面からぷよを基点に物語が動く・・・というのがおおまかなストーリーなのだけど。

2位と3位の戦いでも異次元級

 初代ぷよは、後継の「ぷよぷよ通」以降に比較して戦術の幅が狭いと思われていた。
 が、それをこのシリーズは見事にひっくり返す。
 象徴的なのが、第3話で美希が投入した従来の概念をぶち壊す致死連鎖。4連鎖ダブルの発展系と目されていた3連鎖トリプルを、更に超えた戦術である2連鎖クワドラプルで致死に追い込む光景に、ぷよぷよを知る者達は度肝を抜かれた。
 ぶっちゃけ、従来最強と思われていた4連鎖ダブルの地位がいきなり怪しくなったのである。ぴよちゃんピーンチ!?
 まあそれ以前に、正統派5連鎖を使う亜美真美がかませ犬ポジションってのが恐ろしいんだが(笑)
 また、短期決戦型である初代ぷよは大規模すぎる連鎖は禁じ手とか連鎖より同時消しの方が有利という側面もあり、「とりあえず相手より大連鎖を組む」事が前提になる「通」以降とは全く異なるシビアさがある。
 加えてアイドル一人一人について、その強さや戦術がうまく描き分けられているし・・・。
 ・・・まあ要するに「このゲームこんなに奥深かったの!?」という事だ。
 それを実プレイで再現できる、という所がこのPの凄い所。

 加えてこのシリーズ、キャラの立ち位置や個性も面白い。やたら草を生やすのは作者の個性として、第7話など全くぷよぷよバトルをしていないのに腹を抱えて笑える。
 つーかちんこうPを出すなwwww

 さすがにぷよぷよを知らない人は、バトルの異様な熱さについてこれない可能性が大きい。
 対戦以外のシーンもノベマス的に非常に面白いとは言え、上記の記事を見て「??」な人には、無理にこのシリーズをお薦めはしない。
 でも「!?」や「!!」な人は見れ。
 ・・・それにしても、ぷよバトルから距離を置いている律子のポジションが気になって仕方ない(笑)
この記事へのコメント
以前から2chのSSスレなどで物語を書くことには慣れていた人のようだが、動画作成は今回が初。もちろん作成者としてのアイマス界参入も初。
それでこのクオリティ。
まったく、ネットの海は数多の鬼才が潜む伏魔殿だな。
2009/03/31(火) 11:53 | URL | #3fayZaE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。