リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター ノーザンクロス 如月千早
作者:魔汁P
特徴:千早ソロ カクサバ2009 マクロスF シェリル・ノーム May’n H.264



 魔汁P(ましる、と読む)は、正直言ってPの存在自体はネタっぽい。いかに否定しようとも、大百科の記述を見てしまったら反論の余地はもはや無いだろう(笑)。
 そのインパクトが非常に強いため、管理人の脳裏には魔汁Pの作品よりも魔汁P自身が先に印象付けられてしまった。結果、彼はネタ系の作品が得意に違いないと信じていた時期があった事は否定し得ない。いや~参ったね。

 実態はさにあらず、魔汁Pは演出系ガチPVを得意とする。
 その最新作がこの千早ソロで、27時間新年会のKAKU-tail VS. MSC 2009に投入された作品の単品バージョンである。
 で、まあ・・・

おいおい!?

おいおいおい!?

 マクロスFを元ネタにした作品に謎の技術レベルの高等テクニックが投入されていると、原作の名言に敬意を表してご存知ない技術というタグが付く。
 で、この作品は徹頭徹尾ご存知ない。なさ過ぎる。
 シルエットや抜き技など序の口で、3D背景を自作するわラミエルを乱れ飛ばすわ宇宙を駆けるわと、もうやりたい放題
 この2枚の絵も、個人的に最も気に入った部分はあえて抜いて選んであったりする。
 どうも原作のEDを再現しているらしいんだけど、知らなくても全く問題ない。

 そして、これだけ激しい映像を投入しながら、ダンスシンクロや遠近感等の地味な要素も破綻無くこなしている。だから演出が空回りしていない。

 まったくもう、圧倒され過ぎて記事の文面をひねり出すのも一苦労だよ(笑)。
 とにかく、Pがありったけのパワーを叩き込んだ作品である事は間違いないだろう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。