リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:(修正版)アイドルマスター 【アミリオン/たむらぱん】 秋月律子
作者:つかP
特徴:律子ソロ でも一応全員 H.264



 いきなりだが、律子は負けず嫌いな性格であろうか?
 管理人的にはイエスだ。が、無条件のイエスではない。彼女はかけた労力と得られる成果のバランスを頻繁に計算し、メリットが薄いと見るや呆気なく背を向ける気がする。
 自分自身を言いくるめられるだけの理論武装が可能な律子は、ある意味弱い。

 だがこの作品の律子は、アイドルとしての実力はFランク級で周囲に置いて行かれているが、その性格は高ランクだ。計算高さを押しのけて前に進める強さがある。
 本来「転んでも泣かない」のは春香ややよいの得意分野だろう。しかし、それを律子がやるとまた別の感慨がある。

前を見る。それでも前を見る

 今日はついていなかったとか、明日はきっと風向きが変わっているだろうとか。律子は本来、そういう言葉で自分の無力を誤魔化せる娘ではない。
 それだけに、単なる気休めと分かった上で、なおその言葉と共に明日へ向かう姿が胸を打つ。自分に対してそれを許せるという事。それは、この世界が本当に好きだという事と、誰に対しても・・・自分自身に対しても、胸を張って頑張っていると断言出来る事を意味するから。
 そんな生き方にあこがれるから、この作品に心を打たれる。

 映像はある意味淡々としている。歌も激情に溢れている訳ではない。
 しかし、この清流のような作品に込められた想いは深い。
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/20(金) 18:11 | | #[ 編集]
それについてはしばしお待ちを
2009/02/20(金) 19:31 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
私もブログに書いてみたりなどしました。

……。

かなわんなぁ、ホント
2009/02/21(土) 05:32 | URL | もう、ダメ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
↑1952年公開の映画『ライムライト』(監督・主演:チャールズ・チャップリン)より。 【ニコニコ動画】(修正版)アイドルマスター 【アミリオ...
2009/02/21(土) | もう、ダメPの、ひとりでできますん!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。