リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1:FenorlP


 いかん新世界の扉が開きそうだ。
 単純ループかと思いきやバリエーション豊富なのがヤベェ。ヘッドホンマジヤベェ。
 そのインパクトの物凄さ故に、あっという間に「てってってー囁きシリーズ」タグに複数の派生作が投入されてしまったが・・・何故そっちはネタだらけなんだ?(笑)

その2:ネギリボンP


 このボカロ曲を使った作品は少し前に見たが・・・うっは、こっちもすげぇ。
 あちらの修羅場トリオに対し、こちらは春香&とかちのダンスステージをメインとした構成。
 お互いに持ち歌のダンスを使っているのが渋い。って、処女作でそんなマニアックな要素仕込んで来るたぁ何者だ(笑)。
 ともあれ、作品上で募集していたP名も上記の通り決定。驚異の新人がまた一人。

その3:けーわんP


 アイマスSPのためにPSP購入? それは普通だろう、管理人もそうだったし。
 ・・・と言うのはともかく、普通じゃないのはそこから先。痛車作りの達人であるけーわんPが痛PSP作りに挑まぬはずが無かった。

よく見るととんでもない

 ・・・しかし、痛PSPを作った動画はニコニコ内に結構あるが、両面加工のみならず貼り付けのために本体を分解し、挙げ句ボタンまで痛くしたのは初めて見た。
 しかもボタンの位置が凶悪。曰く、いつでもπタッチ!! なんてこったw

その4:RoshP


 あえてサチュレーションを起こした映像。あえて滑らかさを廃した動き。
 このざっくりした風合いは、さながらストーンウォッシュのジーンズのようだ。それが醸し出す空気には、どことなく若さと郷愁を感じる。
 2000年代洋楽M@STERは独特な空気を持った作品が多い。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。