リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 律子 「ひだりてみぎて」
作者:よつばねぎP
特徴:律子ソロ ましろゆき 歩きm@s H.264



 Follow me、僕が守って行くから 君の微笑みを

 使われている歌の中に出て来る、歌詞の一フレーズである。
 たったこれだけでこの作品は語れる、と言っていいかも知れない。
 冬の夜道を並んで歩く律子。夕焼けのスタジオで一人レッスンに励む律子。力を出し切れぬ自分に歯噛みする律子。己の未熟を恥じる律子。
 笑って、泣いて、怒って、時には照れて・・・そして、その先に彼女から差し伸べられる手

信じてくれると言うこと

 共に歩む。互いに手を取り合って。

 静かで澄んだ泣ける歌に直球直撃な映像を合わせ、真正面から視聴者を殺しに来る作品である。肩を並べて歩くシーンだけでも来るのに、スローとかソフトフォーカスとか髪下ろしとか全くもって容赦ない。
 そして、そうやって作品内で積み重ねられた想いが、最後の笑顔と最後の一言に昇華する。光に満ちた世界には思わず涙が出るほどで、作品の構成は見事としか言いようがない。

 まあ技術的な話はどうでもいいかも知れない。
 伊織がいるから目立たないが、律子は「ほとんどデレないツンデレ」と言われている。
 そんな彼女が心を開く姿を見れる事は、幸せなのだろう。

 そして願わくば、いつまでも彼女の微笑みと共にあらん事を。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。