リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 踊る影
作者:横澤PP
特徴:一応春香ソロ リボルテック Stone Age H.264



 天才という表現が許されるなら、このPの持つ発想は天才のそれかも知れない
 一本の鎖で千早を再現したり、イラストを折り曲げて表情を変化させたり、これまでにも異色極まりない作品を投入している横澤PP。いざ出されてみるとさほど難しくは無さそうなのに、彼がやるまで誰も思い付かない・・・そんな「うわあっ! やられた!」な作品がこのPの特徴である。

 今回もまたしかり。この作品で着目されたのは「影」

影が軽やかに舞う

 リボルテックを使った作品はこれまでも出ている。改造したり、コマ撮りで踊らせたり、グラビア写真的な魅力を追求したり、そういう作品はある。
 しかし・・・真剣な意味をもって、この言葉を使おう。
 この発想は無かった。
 主役を「リボルテックの影」に持ってきて、光源を動かす事で様々な動きを作るなんて・・・この作品を見るまで、本当にカケラたりとも想像しなかった。

 そして、文字通り光と闇の対比が映える世界に、雰囲気がぴったりの曲を持ってくる。
 リボルテック春香の姿勢をこまごまと変え、光の当て方を変え、カメラアングルを変え、一種のフェチズムすら感じさせるなまめかしい映像を組み上げる。
 発想の勝利が発想の勝利だけに留まらず、作品として素晴らしい形に昇華されている

 これはネタでは無い。
 舞い踊る影に引き込まれ、闇の深淵や神秘まで感じさせてしまう、見事なガチ作品だ。
 嘘だと思うなら見てみればいい。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。