2010年11月の記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1:ほうじ茶氏


 百合・・・の一言で笑い飛ばしたり退いたりするには、ちょっと切ないお話
 管理人は同性を好きになる事は無かったが、この気持ちは何となく分かる。多分、よく分かる女の子は多いんじゃないかな。
 しかし親父さん、その返しは個人的にGJだが親としてはどうなんだ(苦笑)。

その2:火魔人氏


 何 故 作 っ た し!?
 ニコマスで富士山と言えば卓球Pだが、それに触発された結果がこれだよ! しかも何、この妙に質感のある着ぐるみは! あえて少し動作をずらしたり、アクシデント入れたりする凝りようは!
 これ見て笑わなかった人は、もはや精神科に行く事をお薦めします。ハイ。

その3:むーくP


 音ゲーMAD@アイマスなのにおっさんホイホイ、という点でちょっと悩んだ作品。つまりカバー曲を収録した訳だが、1995年のアルバムでもおっホイと言われる時代なのね・・・。
 って所で考え込んでる場合じゃ無いんだが。
 まったく、初MMDでなんつー代物を投入して来やがりますかこの御方(笑)。

その4:ray氏


シンプルだけど凝っている

 このPのこの作品、なんと1年ぶりの2作目である。
 ・・・で、別にP名を持っているのではという疑惑の声が視聴者コメに見受けられる。
 さもありなん。たった2作でここまでやられちゃかなわねぇ(笑)

その5:ジェットP


 ダークな雰囲気が得意なジェットPだが、この作品はただ暗いだけじゃない。
 慟哭が聞こえる。通じる人にはすぐ通じるだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。