2010年04月の記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【昭和の日】ニコマス昭和メドレー2
作者:おっさん連合艦隊(今勝手に決めた)
特徴:im@sオールスター おっさんホイホイ ナウなヤングにバカウケ



 驚き、かつ笑ったのはこの作品に世界の新着動画完走組タグが付いてた事だ!
 この前のDJMAXメドレーや、紹介動画の俺がニコ厨に勧めるアイマス動画をも僅かに超え、アイマス系MAD最長記録を更新する14分36秒の完走である。
 ニコニコ動画は想像以上におっさんが多いらしい。
 ・・・まあ、中には年齢詐称を疑わざるを得ないほど、昭和に詳しい若者もいるけどな。あえてこの場では誰とは言わんけどさ(笑)。とTwitter見てる人しか分からんネタを振る管理人であった。

 この作品、メイン参加者はぴっかりP、オヤジオナP、かりふらP、むーくP、もけP、のぽぽんP、G様Pで(オヤジオナ氏のP表記は珍しいが説明文にそう書いてあった)、協力者がしゅがP、hitonariP、chiroP、ぱるぷんてPとの事。
 このメンツで昭和の名曲を短めに切り取り、次々に繋いでいくのだが・・・

リンリンランランと言われてもだな・・・

 断言しよう、30台じゃ甘い。
 この動画のおっさん度は並大抵じゃない。しばしば「90年代でもおっさんかorz」という感じのおっさんホイホイタグを見かけるが、ここはホンマモンだ。下手すりゃ昭和40年代以前だ。白状すると管理人も全部は分からん!!

全員集合のジュリーを思い出した管理人である

 なのに何だこのノリノリのコメ共は。なんでみんな当然のようにジュリーを知ってるんだ。
 ここは時代の最先端を走る動画サイト、古くさいオッサン共には基本的に敵視される場所じゃなかったっけ?(笑)

かっちょええー!

 更には当時のカメラワークを現代に再現とか、マニアック過ぎでしょ!
 幕間のCMとかチャンネルチェンジとか、当時の定番だったポロリもあるよとか、当時のTVをよく覚えてるおっさんPが持てる知識を総動員。その辺の一発ネタも見物。

 あー、もうなんつーか、なんつーか。
 20台以下は普通に分からん世界だと思う。分かる若者は普通じゃない。
 けど、分からなくても今のTVの中とは一味も二味も違う魅力は感じられるのでは?
 おっさんホイホイは懐古趣味ではない。そもそも懐古しようにも普通ならとっくに忘れてる。
 こうやって沢山の人が覚えている事、それはすなわち普遍的な魅力がある事を意味する。
 だから若者にだって何かが通じるはずなのだ。温故知新、侮るべからず。

 と真面目に片付けたくても、当の作品がフリーダムなんだけどな!(笑)
 ああもう、笑いと懐かしさとその他諸々で色々とやばいよ管理人は。
スポンサーサイト
題名:【MMD】ボクセル風やよいでキラメキラリ【アイドルマスター】
作者:2000氏
特徴:やよいメイン 千早 愛ドットるマスター mmdm@ster 処女作



 愛ドットるマスタータグとMMDm@sterタグが両方付く動画
 んなアホな!?
 片やドット絵、片やポリゴンである。普通に考えたら両立するはずがない。のだが・・・

なるほど確かに・・・

 ・・・ぽかーん。確かにドット絵でありポリゴンでもあった。
 こういうのをボクセルというらしい。ただしWikipediaを見たら、ボリューム+ピクセルの混成語であって、ボックス+ピクセルでは無いので念のため。うん別にどうでもいいね。

 ちょっと驚きなのは、モーションデータはちびミクの傑作動画の物を流用してるという事。関節の数が全く違うのに、それなりに「見れる」から面白い。
 つまり、およそあらゆるモーションデータでこのようなボクセル動画が作れる訳で・・・うわあ。MMDはリアル化ばっかり気にしてたけど、こっち方面の拡張性もあったのか!

 ちなみにこの動画、踊ってるのはやよいだけだけど千早や春香もいるし、飛び散るボールが普通にボール(意味は見れば分かる)だし、ギターソロも一ひねり入ってるし・・・とまあ単なる一発ネタではない作り込みが伺える。
 ドット絵のシュールさと物理演算の自然さの奇妙な融合というか、とにかく見てて面白い。
 だから見ろ。一見の価値は間違いなくある。

 と言うわけでドット絵職人もMMDを無視できない時代になってしまいましたとさ(笑)。
 ニコマス、というかニコニコ動画のマスパワーの凄さを、また一つ垣間見た気分。
その1:RidgerP


お茶目さんは相変わらず

 そりゃー、ここまでMMDの完成度が上がってくればニコマスPが動き出しても不思議はないと思った。元々、キャプボやAEを買うぐらい素材と加工技術に飢えた狼の群れだし。
 そして現状、G様Pが率先して映像クオリティを引っ張り上げてる印象がある。
 にしてもこのPが出てくるとはねえ・・・そして初っ端から流石としか言えない有様。

その2:ぐっさんP


 いや、これはぐっさんPじゃなくてアルトネリコ3が悪い(笑)。
 というか、これが戦闘曲ってマジですか!?!?

その3:REKKAP


見慣れた目のはずだけど・・・

 サイケ。侵食。崩壊。あるいは流転。あるいは融合。あるいは。あるいは。アルイハ。
 ・・・真面目な意味で、名状しがたい。

その4:ミルクレゥプP


 この綺麗な作品を作ったのがメタリカな中村覇王の作者だと気付いた時、管理人は一瞬目が点になった(笑)。ちなみにこの動画のおかげで管理人はメタリカのCDを買った。
 そのギャップにひとしきり笑った後で・・・うん、やっぱ春香が好きなんだよね。

その5:hitonariP


 サムネ画像が全てを語る。しかし、ニコ動の中で当たり前のように昭和ネタが通用しまくるというのも、考えてみれば結構面白い現象かも知れない。
 いい歳しておっさん何やってんだ。まるっきり人の事言えねぇけど。
 主催はG様P。参加者はかりふらP、オヤジオナ氏、のぽぽんP、ぴっかりP、むーくP、もけP。協賛しゅがPという豪華メンツでお送りし・・・ってこの紹介動画の作者がいねぇ!?(笑)
その1:KAKU-tailDS運営委員会(この動画はきつねP)


 さあ始まるザマスよ! いくでガンス! ふんがー! でも実写版は勘弁な。
 管理人は本イベントに必殺仕分け人として参加させて頂いた訳だが・・・。
 何故このPを落としたと言われる自信はそりゃもうありまくりだが、何故このメンツを選んだとは言われない自信がある。だから、一旦選定が確定した後は意外に気楽だった(笑)。
 今週からちまちまと動画や生放送を投入していくので期待されたし!

その2:マスターボールP


 OKとっとと消されろ(笑)。というかこれを職場で作れる環境って何よ!?
 会社的にセキュリティとかコンプライアンスとか、突っ込みどころ満載過ぎませんか?

その3:セプタムP


 おっさんの青春。そしてシンクロメインのシンプル勝負。

その4:G様P


 あざといこの服装はあざとい!!
 それとG様Pは、すぐにでもビットレートを限界まで上げた激重(9)画質版をうpるように。

その5:コムP


 この顔に ティン!と来たら 絵師祭り。
 エントリは4/26~5/5なので、お絵描きPはスタンバイせよ!
題名:『流星』
作者:けるまP
特徴:あずさソロ 早見沙織 バスカッシュ!



 ああ、そういう事か・・・と思った。
 2009年5月デビューだから活動期間が重ならない、しかも明確に伊織派のけるまPが、こういう意味の作品を作ってくるとは少々意外だった。
 しかし作者ブログによると、そもそもこの世界に足を突っ込むきっかけだったそうな。
 縁とは不思議な物なのだなあ。

蛍の淡い光に

 え? 何を言ってるのか分からない?
 そりゃそうだ、わざわざボカして書いてるんだもの。
 ぶっちゃけてしまうと管理人は、この作品を見る前にこの記事如きで先入観を持って欲しくないと思っているのだが、だからってこれを紹介しないとか一言で片付けるとかいう選択肢も無いので、その狭間で悩んでいるんだよ(苦笑)。

月が背中を支えてくれる

 あずさは大人である事もあり、こういう世界に耐えられるキャラクターだ。
 だからだろうか、こういう世界を思わせる作品が彼女の周りには多い。いや、彼女についてはそれが印象深く残ると言う方が正しいのかも知れないけど。
 鎮魂歌であり、別れの歌であり、それでいながら思い続けんとする歌。
 それが生きる者に科せられた使命であり、決断であり、答え。

 今はただ時の流れの果てに、屈託のない笑顔がある事を祈ろう。
その1:Menso-reP


 ・・・それほど超展開でもない気がする(笑)。
 まあ、こんな感じのお祭りらしい。開催は5月1~22日。

その2:ありすえP(の許可を得た再アップ物)


 はい、白状します。
 管理人はこれ見たことありませんでした!!
 だって、このブログ始めたの2007年11月23日で、ありすえPの引退宣言が11月25日、全動画削除が12月9日よ? 全作品チェックなんて当時の管理人にゃ無理だって。
 このガスマスク+ドリルは「ありすえ装備」と呼ばれていたんだよねー。

その3:くるみ、ときどきP


 デンカレこと電気式華憐音楽集団から、ヘビーメタリックなナンバーで。
 パンキッシュゴシックは本来こういう曲に合わせるためにあるのではと思ったりして。

その4:怪盗紳士P


 さて、この祭に飛び出してきた伊織は、その後どうなったのだろうか?
 と言うか、この伊織は「何」なんだろうか? 高揚の中に奇妙な不思議感が漂う。

その5:dbdbP


 ネタのようなガチのようなネタのようなガチ、というタグがあった。
 正しかった。そして野生のシャフト。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。