「戦記・ノベル・教養系」 カテゴリーの記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【ノベマス短編】ひびたかが876に転がりこんだようです
作者:木偶P
特徴:NovelsM@ster短編 貴音 我那覇響 日高愛 絵理 秋月涼



 SP版の響は961時代、765プロは変態揃いだと刷り込まれて育った。
 ただし、あながち間違いとも言い切れないのは皆様ご存知の通りである。覚えが無いとは言わせねぇ。園児衣装とかπタッチとか美希の(ピー)とか真の(バキューン)とか。
 ・・・ならば、もし961プロを追い出された響&貴音が変態揃いの765プロを回避して876プロへ行ったら? というIFストーリーがこのノベマスである。

 だ が し か し。

確かにその通り!

 876プロの変態度は、更にその上を行っていた!!
 全員揃って何かがおかしい。かなりおかしい。色々おかしい。
 もう、ヘンタイ相手に右往左往する響が見てて可哀相になってくる(笑)。
 そして、その響の行動パターンを完全に読み切って悟ってる貴音もみょーにいい味。この二人はいいコンビだよな~、ほんと。

彼女に悪気は無い、が常識も無い

 女装の涼、その目が怖い絵理、天然過ぎる愛、終わっとるマダオ共、普通っぽいけどそれらを全部放置して改善の気配が無い社長。
 そりゃ弱小事務所にもなるわい! ってな感じのドタバタコメディである。
 うん。メンバーの中で一人だけ浮きまくってるけど響、お前は正しい。
 響が一番の常識人にしてツッコミ担当、というのは滅多に無いような気もするが、この作品はそれがストンとはまっている。やー、素直に笑えたわこれ。
 しかし876プロの将来が非常に不安になる動画でもある。こんなんでどうするんだよ(笑)。

 ちなみにこの作品、ノベマスだけど口パクが結構細かいのが見所かも。
スポンサーサイト
題名:【アイドルマスターDS】律子の発明品で過去へ行こう!【ノベマス】
作者:フュージョンP
特徴:Novelsm@ster 絵理メイン 日高愛 尾崎玲子



 強烈なサムネオチとサムネ詐欺を見た(笑)。
 これで中身がちょっと切ないガチ話だなんて、誰が想像するもんかっ!

実は管理人はこれ知らないw

 しかもドラえもんかと思ったらアキリツ大百科だったでござる。
 まあこんな感じで、序盤は思いっきりギャグ系である。

鋭い視線

 だが、その場のノリと勢いでタイムマシンを分捕った絵理が選んだ過去は、カレンダーを見ないと気づかない程度の些細な過去。
 何のために? 言うまでも無いよね。

 7分20秒という長さは、ノベマス短編としてはさほど長くない。
 しかも、かなりの割合でギャグである。オチ担当もしっかり配属してあるし、本編内でもボケ役がいい味を出している。つーかマダオさんそれは無いだろ(笑)。
 しかしそれでもこのノベマスは、ガチ作品としてしっかりした骨格と密度を持ってたりする。そりゃもう、ギャグパートはあくまでも脇役であると断言出来るほどに。
 笑わせながらもきっちり締める、こういうバランスの取れた作品は好きだ。

 それは確かに失敗だったのだろう。けど、それがあってこそ。
題名:【ウソ m@s参加作品】『Black Fencer』(完成版)
作者:国綱P
特徴:真メイン Polym@ster DOGA アイマス技術部



 国綱PはMMDではなくDOGAの使い手である。2008年1月から和風剣士な春香や千早を作り込んでいる・・・はずだったが。
 今年のエイプリルフールに開催された第二次ウソm@s祭りにて、突然SFな予告編を投入。
 2ヶ月半の時を経て、この度完成版の投入と相成った。
 他の作品の投稿日より、これの制作には恐らく5ヶ月ほどかかったと推測される。

実はビームサーベルの光が鎧に反射してます

 たったの5ヶ月。そう言えてしまう作品だ。
 繰り返すがMMDではなくDOGAである。素材を拾ってくる当ては無い。Twitterでちらっと見たところに依ると、BGMまで自作とか何とか。マジか。んなアホな。

 3Dだけあって立体的な動きはお手の物。いや、それを「お手の物」と思わせるのに必要な手間のかけ方は化け物じみてるけど。
 なにせ縦横無尽の動きも凄ければ、その動きの「動」と「静」の組み合わせも凄い。タメる場所をがっちりタメてくるから、目で追えないほどの瞬発力のインパクトがいや増す。
 それはつまり、動きの加速減速を演出として活かしているという事であって・・・実はMMDのダンスでも、そこまで配慮してある物は意外に少なかったりする。

被写界深度もしっかりありまっせ

 加えて剣や銃にギミック満載だし。
 これはもう論より証拠と言うしか無いわなあ。見とけ、とりあえず。
 動きの大きいアニメが好きな諸兄は、多分めっちゃツボってハマると思う。

 この作品はウソm@sなので架空戦記である。程よく中二な、けどちょいと意味深なストーリー付きである。なんかメタ?
 そっちの方から話が発展していったら面白い事になりそう・・・なのだけど、残念ながらこれはウソm@sなのであった。必要な労力を考えても、続編はちょっと無理だろう(笑)。
 惜しいと言えば、それが惜しいかも知れない。いやーすげーもの見た。
題名:地球防衛軍3 Live For You!
作者:最終最後P
特徴:春香メイン  地球防衛軍3 アイマス×EDF



 一般の視聴者が「それ」を目にするのは、恐らく0711P合作の中が一番多いであろう。
 最終最後Pと言えばEDF。つーかEDF無しの作品は一つだけだし。
 実はこのP、個人名義での投稿は意外に少ない。しかしそれもそのはず、なんとこの作品は着手から一年、未だ道のりは遠く、とりあえず完成部分だけアップしたとの事。
 制作速度が遅いのか、と思いきや・・・

背後の文字に注目

 おい何だこの違和感の無さは。「衣装/アクセサリー選択」などという面妖な文字が入って無かったら、普通に地球防衛軍3の画面だと思い込みかねないのだが。

なんで普通にしゃべるんだ!

 おい何故フルボイスなんだ。会話が普通に成立してボケツッコミ級のやりとりまで実装してるんだが。
 つーか、よくここまで音源かき集めたな。繋ぎもまるで分からんし。

 他にも難易度選択の中にどっかで聞いた声が入ってたり、ローディング画面にアリ型アイドルが紛れ込んでたり、そこら中にアイマス由来のネタがねじ込まれている。それでいてしっかりEDFしてる。
 ・・・なるほど、こりゃ時間かかるわ。笑っちゃうぐらい自然に融合していらっしゃる。

 もはや一発ネタとはとても言えない完成度。なのでこの作品、当ブログでは、春香のネタ動画ではなく架空戦記と解釈する事にした。続編期待の意味も込めて。
 こんだけのクオリティとなるとすぐに続編が出てくるのは期待しづらいが、最終最後Pにも作る気はあるようだし、気長に待つ価値はあるだろう。
 ただ、いきなりプロデューサーが死んだっぽい(しかもどうやら春香の誤射で)から、今後どうなるやら(笑)。
題名:【意見募集】紙芝居の強調表現
作者:ともきP
特徴:Novelsm@ster アイマス紙芝居 ニコニコ動画講座 痴早 やよい 春香



 タイトルはなんか真面目だ。
 実際、やってる事はノベマスにおける表現手法の探求である。具体的には、ここぞ! という時にいかなるエフェクトを付けてそのシーンのインパクトを増すか、である。
 そのためにあらゆる手法を実際に試みて比較している訳で、その点は真面目である。
 その点だけ見れば。
 ・・・しかし、そのためにサンプルとして選定したシーンがおかしい。

すいっちおーん!

 正直、強調表現の模索ってのは言い訳なんじゃねーかとすら思う。
 ただひたすら妄想だだもれちーちゃんで遊びたいだけなんじゃ無いかと。

OK落ち着けそこの淑女

川越(なにげに管理人の地元)ではよくある事

和ふぅ(!?)

 ちなみに最後の筆書きはともきP直筆らしい。上手いじゃねーの。
 実物はこれに加え、更に動きと効果音が入ります。もう笑えて仕方ない。
 確かに勉強にはなる、なるけどさ!!

 んで。一通りすっ飛ばすだけすっ飛ばしたら、最後にサンプル的なシチュエーション描写が来るのだけど。
 ・・・うん。本編がこのザマだから、そのサンプルも予想付くよね?

 穿った見方をするなら、こういうノリにした方が再生数を稼げるのは間違いないし、意見募集という作者本来の意図を達成するためにも効果的だろう。しかしそーゆーヤボは言うな。
 真面目っぽい顔してこういうブツ作るノリには素直に笑え!!
題名:【バーガーバーガー2×im@s】りっちゃんがあのお店を再興するようです
作者:あいうえおP
特徴:第二次ウソm@s祭り iM@s架空戦記シリーズ ドナルド



 律子と言えばローソン名誉店長としてお馴染みだが、当初から「他にも似てる店がある」という声がかなり広範に存在していたらしい。
 サムネ画像からも推測できるだろうが・・・

そりゃ読めるわな・・・

びっくりするほどそっくりだー!

 この前お亡くなりになってしまったウェンディーズである!
 もうこれだけで管理人は負けた。
 と言う事で、これはバーガーバーガー2を舞台に、律子がウェンディーズを再興するお話。

 どーゆーわけかPがドナルドで、しかも時々アイドルを差し置いてボイスが入るのだが・・・さすが最大手というか、意外にマトモだ。見た目のシュールさを覆せる程かというと微妙だが、とりあえずノベマス界に数多いるPの中ではまともな方では無かろうか。

直後律子に突っ込まれます

 そしてゲーム中のイベントもアイマス要素を取り入れつつ結構マジにトレースしており、普通にゲーム紹介っぽく楽しめたりもする。しかし、律子の部下として配された亜美真美がやっぱりヤラカシテくれるのはお約束と言うべきか?
 そして961組だけならともかく、美希まで(ライスバーガーに釣られて)敵に回るあたり、今後の展開も楽しみだ。今後があるなら(笑)。

 やー、嘘にしとくのは惜しいのう。惜しいのう。大事なことなので(ry
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。