「菊地真 ネタ」 カテゴリーの記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 真とあずささんで『自転車』…のはず、多分。
作者:ジムスキーP
特徴:真 あずさ 小鳥 アイマスMAD処女作



 MASTER SPECIAL 05にて真がカバーした「自転車」は、真の魅力全開フルパワーという事で非常に評価が高い。
 管理人が主にチェックしてるのは自分のTwitter上での真士たちの発言だが、なんか揃いも揃ってフルまっこにされてるっぽいよ?
 この作者のジムスキーPも、その魅力にKOされて思わずニコマスPにデビューしてしまった模様。まあきっかけなんてそんなモノだ。
 ようこそアイマスMADの世界へ・・・って、ん??

眼鏡にそこはかとなく悪意を感じるw

確かに違いそうだw

 ・・・お い 処 女 作。どこからこの歌持ってきた!?
 まー確かに自転車っぽくはあるけどさー。けどさー。けどさー。
 いきなりこの方向にすっ飛ばすとは恐れ入った(笑)。なおピヨちゃんも自重すべし。

 それとP名の意味は、開始早々に明かされるので各自で確認するように。
 やー、これは直球でツボにはまったわ。
スポンサーサイト
題名:[アイドルマスター@真+やよい] Shake Hip
作者:ぎみっくP
特徴:真メイン やよい 真の単身赴任シリーズ 米米ク○○ H.264



 ぎみっくPが密かに積み上げている異色の真動画。その名も「真の単身赴任」シリーズ。
 異様に充実した大百科が示す通り、一部に非常に受けている作品群である。

 が・・・ぶっちゃけ万人受けはしない。つーかして欲しくない。こんなんが万人受けした日には日本の将来が不安になる(笑)
 このシリーズの特徴を一言で表すなら・・・真が煩悩ダダ漏れ
 完全に男キャラの扱いで色気に負けまくり~の手を出しまくり~の、もう腹を抱えて笑っちゃうけど人によっては本気で怒るだろうな、という作風である。
 ちなみに権利者も本気で怒った事があり、一部は削除済である(笑)。今回の作品も使われている曲がやばいらしいので、一応伏せ字にしておいた。

 そんな真が、今回手を出したのはやよい。だが・・・

やよい・・・さん?

 あっれぇ? なんか攻守が違う気ががが?

 そう、実はこのシリーズって最終的にひでぇ目にあうのは真なんだよね(笑)。
 そりゃもう自業自得というか女はオッカネェというか。
 そういう展開なので、例え使われている音楽が泣ける名曲でも爆笑コメディになってしまう。まして今回は曲自体が既にやべぇから、もう止まらない止められない。

 どうしてくれようか、この致命的なまでに恋多きダメダメ君を(笑)。
 とは言え、ただの遊び目的じゃ無いんだという事を感じさせる作品もあったりするから侮れないんだけどね。
題名:【ネタ☆MAD】アイドルマスター ある日の風景
作者:タイガージョーP
特徴:真 千早 ネタ☆MAD 誕生祭




 知らない方のために、あらかじめお断りしておく。
 タイガージョーPの真は致命的にぶっ壊れているので、覚悟するように!
 管理人は最初、それを忘れてて真のリアクションに違和感を感じてしまった(笑)。
 繰り返すが覚悟するように! 大事な事なので2回言いました。(←お約束)

 ネタ☆MAD向けにして真誕生祭向けとの事だが、どっちにしてもヤベェよこれ。
 ネタの向けられた方向的にも、それを作った技術的にも。
 いや、ネタ☆MADがあってよかった。こいつが真誕生祭のみを目的としてあげられていたら、一体どうなっていた事か(笑)。

 それにしても・・・まさかポリゴンで10歳真や水着真をもって来るとは驚いた。

可愛いからまた困る

 まーなんだ。考えるな、感じろ(笑)。
 ついでに、このMADは2部構成になっていて自動的に後編に飛ばされるのでそのつもりで。

 ・・・にしても、朝の起き抜けにこのMAD見てティン! と来まくって、朝飯も食わずにこの記事書いてる管理人も大概だわ。
題名:アイドルマスター「大不況行進曲」
作者:風野シュレンP
特徴:真メイン ほぼ全員 ひとりクレージー おっさんホイホイ 山本m@s之




 また見るからにネタっぽい題名・・・と思った次の瞬間に作者コメで凍り付く
 ま、まあ、バイトならまだいいよね、正社員よりはマシだよね、多分・・・イキロ

 と言うわけで、笑えばいいのか泣けばいいのかよく分からない作品の登場である。
 作品自体は直球にネタなんだけど、昨今の不景気を鑑みるとなかなかに、うん・・・。

開き直ったー!!

 と言うか歌詞が歌詞が! そんな明るいノリで歌うなあああ!!

 真誕生祭向けでもある本作、メインで踊るのは当然ながら真達だが・・・え? 真「達」って何だって? 言葉通りだけど。まあサムネで分かるよね・・・だが、他のアイドル達もインパクトでは負けてない。
 もっともこの場合は、インパクトがあるというのは悲惨な目に遭っていると同義語なので、それがラッキーかどうかは知らん。

 配役やシンクロにいいセンスを見せるMADだが、そういう方面から見る気にはなれん(笑)。
 この作品は微妙に引きつった笑いを浮かべながら見るのが正しいと思う。
 つーか、見ていると自然にそんな表情になりそうな気がする。いや、多分なる。
 いやはや、油断ならないMADに出会ってしまったなあ・・・。
題名:アイドルマスター「百万節」
作者:風野シュレンP
特徴:真七変化 山本正之 ひとりクレージー グレートラグタイムショー




 ほんと、言葉で説明しづらい面白さを持つ動画は紹介するのが厄介だよ!!(笑)
 サムネ画像が既に尋常じゃないし、オープニングからいきなりおかしいし。

無駄に壮大なっ

 ちなみに ↑これがこの動画の最初のシーン。
 初っ端からいきなり斜め上フルスロットルと来たもんだ・・・が、実はこれが歌の持つ意味にぴったり合っていたりするから油断も隙もありゃしない。

 まあ要するに、原曲自体がとってもミステリャー! なんだよね。
 ミステリー、なんて真面目に発音する気にはとてもなれんわい(笑)
 おっさんホイホイではあるが、とても一筋縄ではいかない。古き良きカオスが一杯。
 で、そのノリを上手い具合に生かし、様々な服を着せた真をいい感じに合わせてきてるからもう何というか。

 力の抜けたオッサン声による力の抜けたカオス歌。無駄に凝ったカットイン映像の数々に、なかなかのセンスだと言わざるを得ない真の衣装。
 もうどこからどうやって突っ込めばいいんだ! という作品である。
 ああ畜生、いい仕事しやがって(笑)。
題名:Perfumeのあの曲に伊織・やよい・亜美で挑戦してみた IV風
作者:てつろ~P
特徴:真メイン baby cruising Love あとは一応ネタバレ回避で秘密(笑)




 特徴欄やカテゴリ分類を間違えたわけではない。間違いなくこれは真の動画である

 なお、てつろ~Pの作者コメントには別に嘘は書いてない。確かに真面目に作ってある
 全キャラ出演しているが、その出番の選択や衣装の選択は非常に的確と言わざるを得ないし、曲の雰囲気にうまく乗せたシンクロも上手い。派手な演出は特に無いがリズムに合わせたカットインを効果的に駆使しており、曲の魅力に上手く映像を合わせた良作と言える。

 ・・・ただし、だ。
 真面目のベクトルが異次元方向にねじくれてるけどな!!

出したいが、あえて出さぬ!

 ネタばらししたいけど必死に抑え付けて、あえてコメントだけ載せてみた
 繰り返しになるけど作りは真面目だ。手抜きは無い。
 だからこそ手に負えないという事も出来るが・・・上手いのにむかつく、上手いからむかつく、むかつくのに怒れない、腹が立つのに好きになる、何故かdisれない等々、カオスなコメント群を見て「我が意を得たり」とうなずく管理人である。

 畜生、この複雑骨折しまくる感情をどうしてくれよう(笑)
 まさしくMADの名にふさわしい作品、であった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。