「秋月律子 ネタ」 カテゴリーの記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:3Dリッチャンを躍らせるツールを自作シテミタデスヨ_再UPデスヨ
作者:まやつかP
特徴:律子ソロ Polym@ster THE変態 El変態 変態大人 H.264



 一応断っておくが、このPの技術力は冗談抜きでガチだ。ニコニコ動画上にはMMD職人を含めて多数のポリゴン職人がいるが、管理人の知る範囲では、この動画に投入された技術は紛れもなく最高水準に属する
 ゲーム本編の律子に引けを取らない、と言うかもはや見分けが付かなくても仕方ないってレベルまで洗練されたモデリングの技は洒落にならない。
 このクオリティならアーケード版やPSP版ではなく、XBox360版レベルのMADが作れる。と言うか、実際作ってるし!!

!?!?!?

 ・・・しかし。
 もっと洒落にならないのは、本当の意味でプロも真っ青な技術を惜しげもなくどんがらがっしゃーんしている事だ!(爆笑)
 この動画、再UPと書いてある事からも分かる通り最初のバージョンは運営削除の憂き目にあっている。何故かというと、まぁ序盤を見れば嫌でも分かるよね。
 その序盤を耐えきった先に広がるは・・・やっぱり負けず劣らずひでぇ世界。高い技術を存分に駆使して全力のπタッチとか、貧乳から魔乳まで自由自在とか、男の夢の服消しとか。
 リッチャンダーまでパクるとか、フリーダムにも程があるわ(笑)。

 正直、笑えない人もかなりいると思う。それぐらいこいつは毒気が強い。
 しかし、その毒気に直撃されてもなお目を離せないぐらいにクオリティが高い。
 だから何とも評価に困る(笑)。そういう所で悩む時点で、すでにまやつかPの術中にハマっている感が無いでもないからまた困る。

 何というか、その技術力を手に入れろ的な意味でも、野放しにするんじゃない的な意味でも、まやつかPはバンナムに捕獲されるべきなんじゃ無かろうか?
スポンサーサイト
題名:アイドルマスター 私と小鳥と鈴と
作者:太宰P
特徴:律子メイン im@sオールスター 若林神 金子みすヾ H.264



 さて問題です。この動画はガチでしょうか、ネタでしょうか?

 カテゴリ的には「ネタ」に分類した管理人だが、正直言ってこの作品、そういう分類を超えた世界にあると思った。
 そこら中に吹かざるを得ないネタがちりばめられているのは事実だ。
 が、笑いながらも歌の持つ意味と動画の持つ空気感にガチに惹かれるのもまた事実だ。

アケマスも、中の人も、律子も

 この作品は拒まない。「みんなちがって、みんないい」を地で行っている。
 まあ、「好きな物を買ってやると言ったら、本当に好きな物を選びやがった」的なインパクトは強烈な物があるけどさ(笑)。
 なんつーか大人の余裕を感じさせるというか、これぐらい受け容れられんでこの歌を理解できるかというか、とにかくそういう深遠さっぽい物を感じてしまうのが興味深い。
 蝉丸Pの作品が持つフリーダムさが、イメージ的には近いかも知れない。

 解説はしづらいが解脱はしやすそうな動画、とでも表現したらいいのか?
 とにかく胸の内に折り重なる、笑い飛ばすには重いが苦痛は感じない何かが管理人には説明困難。この独特な雰囲気は、直接見て実感していただくしか無いだろう。
題名:アイドルマスター 律子のメイドガイ
作者:まんまP
特徴:律子メイン 春香 千早 自作絵 福山芳樹 サムネ詐欺(笑) H.264




 ぎゃーーーす!!
 やりやがった! やりやがったー!!

困った事に・・・アリだこれ!

 大量の自作絵を用いた本編は超強烈なので、SSは控えめにしておいた(笑)。
 ・・・これで控えめなのか? とか言わないように。間違いなく控えめだ。これでも

 仮面のメイドガイ、メイドの固定概念を亜空間まで蹴り飛ばす地獄の燃えメイド漫画。
 ついにそれを律子に合わせるPが現れてしまった。
 ロベルタ律子を上回る衝撃にして笑撃、コガラシ律子の降臨であるっ!
 リッチャンハ、コワイデスヨー!!

 困った事に、なえか春香やフブキ千早も雰囲気が合っている。
 胸のサイズは極端に変わっているのだが、どう見ても意図的だなこれは(笑)。
 加えて、わかむら寿司やらありすえ装備やらクリーチャーといった小ネタもすげぇ

 もう色々酷い、酷すぎる。しかし、何故かこれを認めてしまう自分がいる
 ああもう大爆笑。
 そうそう、ちなみにこれってアニメEDの再現MADなので。
題名:アイドルマスター 律子 最東みんくP 500リツコ達成記念
作者:ドランクP
特徴:律子ソロ my song H.264




 ドランクPによる、みんくPの律子動画500本達成記念の祝福動画だそうで・・・。
 まあ、要するに一発ネタだ。それも、どっちかというとさり気ない部類に入る。
 しかも律子誕生日までには削除される事を作者自らが宣言している。

 でも独立枠で紹介してしまう
 何故か知らないが、見た瞬間に管理人のティンセンサーにクリティカルヒットしてしまったので、もう自重も何もしねぇ!!

そりゃ笑うよな

 ちなみにこのシーンは、その一発ネタが出た直後のコメント群
 サムネでだいたい分かる気もするが、とりあえず見ていただければ。
 ええいこの幸せ者めー!!
題名:律子がDLC大勝利なのでハンデをつけて見た
作者:adobeP
特徴:律子メイン 誕生祭 Do-Dai 公式曲MAD H.264




 お~い雪歩、ステージの隅に穴掘るな~。
 お~い伊織、本体がステージに来てるぞ~。

 という感じの正統派ネタMAD。ネタに正統派もクソもあるかと言われそうだが、一通り見ていただければそういう呼び方をした理由が何となくお分かり頂けるのではないかと。
 やー、サムネと開始直後がガチっぽかったのでまんまと騙されたぞ管理人は。

ターゲットは逃がさねぇw

 まあ、ウェディングドレスにHMDにエレキギターって時点で気付くべきだったのかも知れないけど・・・にしても、ここまでぶっ飛ぶとはなあ。ちなみに上のSSはほんの片鱗でしかありませんぜ。
 Do-DaiノーマルPVをベースに様々なトッピングを施した本作品、そういう訳なのでシンクロに問題は無い(笑)。と同時に、画質も問題は無い、と言うかすげー綺麗。
 しかし、そんな真面目方面の審美眼を無意味化する程に、量と質を兼ね備えた種々のネタが放り込まれているのがポイント。
 更に、ネタを表現するために駆使される技術もまた高いから、なんとも。
 気を抜いてると見逃しそうな細かいネタもあるので要注意!

 ちなみに、律子の誕生日は6/23である。今日は5/22で、誕生日なのは亜美真美である。
 でもこの作品は律子誕生日動画と明記してある。なんという漢!!
 ・・・にしても、このベリーメロンはやはり色々とケシカランな。うん。
題名:秋月律子の世紀 銀輪は唄う(ゲルニカ・戸川純) アイドルマスター
作者:アストロP
特徴:律子ソロ 戸川純 コメントが空気読み過ぎ




 アストロPの作品は、はっきり言ってクセが強い。
 ・・・と思う人が多いように感じられるが、実は案外そうでも無い。サムネ画像のインパクトが物凄いのは認めざるを得ないが、そこで食わず嫌いしたら負け。

 この作品、実はガチかネタか判別しがたい物がある。
 間奏部の一枚絵でやよクリが出たりETリスペクトが入ったりしてるのでネタに分類したが、雰囲気はうまく統一されてるし、シンクロもいいし、声も律子っぽいから、変な違和感を持たず素直に作品のムードに入り込める。そういう部分を見ると、十分にガチ作品と言えるのだ。

 ・・・ただし、その「作品のムード」が独特なんてもんじゃない。
 念のためググってしまったが、テレビ放送の開始は1953年。しかしながら、横書きで右から左に文字を書くのは戦前の流儀である。
 つまりこの作品、テレビが存在しない時代のノリで作られている。無声映画しか無かった当時の雰囲気を出すべく、画像は白黒だしノイズまみれ。
 この作品には姉妹品としてフルカラー版もあるのだが、管理人的にはこの作品は白黒版こそ似合うと固く信ずるものである。

コメントするのも大変だ

 コメントする側も分かっていて、あえて右から左に読ませるよう書いているから凄い。
 ニコニコ動画のコメントが流れる方向から考えると正反対で、正直読みづらさは否定しがたいのだが、それでもこの動画に限ってはこれが正しい

 あとはまぁ、(歌い手はまだしも)この雰囲気にホイホイされる生存者を探す方が難しい程の圧倒的レトロ感覚を楽しんでいただければ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。