「如月千早 ネタ」 カテゴリーの記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【NRF'09】世代(IZUMIYA/LOSER)【NFJ】
作者:寝たふりP
特徴:千早ソロ 泉谷しげる 千早いじめ Nicom@sRockFes09



 第1回ニコマスフォークジャンボリーの宣伝でもあるっぽいこの作品。実際、ほぼ同じ構成でフォークジャンボリー仕様の動画も出てるし。

 いや、いい曲だと思ったよ。千早に合ってるとも思ったよ。
 彼女には確かに、こういう刹那的というか退廃的というか、そういうナイフみたいに尖っては触る者みな傷つけた的な空気が似合う部分があるし。
 どこか暗い空気もまた、初期の千早っぽいし。

最初は良かったんだ、最初は・・・

 だがしかし。
 開始30秒を境に、その空気がいきなり完膚無きまでにぶっ壊された。
 あああ、千早いじめタグに気付かずにしんみりしてた管理人の、この行き場を無くした感情をどう始末付けてくれるんだっ(笑)。

 何とも複雑骨折な事に、その後も動画の9割5分ぐらいはいい雰囲気のまま淡々と進む。
 しかし、残り5%のトッピングが全て持って行くんだこれが。
 例えるなら、ダンディな紳士が渋い顔して社会の窓全開フルスロットルな感じ。くそう、色々な意味で負けたとしか表現しようが無いぞ、もう!

 大規模な作品でも派手に目立つ作品でも無いが、それでもこういうブツがあるからニコマスは油断ならない。
スポンサーサイト
題名:【チャイルドスモックの】うちのカミさんと愛娘【有効活用?】
作者:KushioakP
特徴:千早 まっすぐ H.264




 き、貴様アアアアアア!!!
 この発想に辿り着いたPに対し、激しくルサンチマンを感じざるを得ない!
 この発想に及ばなかった自分に対し、激しく絶望せざるを得ない!!
 ・・・いや、発想があっても管理人には作れないけどねorz

あえてセンターを外す構図、カメラマン的に目が高い

 千早が眼鏡かけてたり、ちはやちゃんが麦わら帽子セットだったりと細かいこだわりも凄ぇ。
 ここまでやられたらもう降参するしか無いが・・・。

 まあアレだ。SSにした部分のコメにもちょっと出てるけど。
 あんな想いはもう絶対にさせるなよ?
 という言葉だけは贈っておかねばなるまい。
 愛する人が隣にいて、二人の間に生まれた娘もそばにいて。家族っていいなあ、と本気で思わせてしまうこの作品。基本的にネタ系のはずだが、それに留まらぬ何かが確かにある。
 お見事としか言いようが無いわ。
題名:【ネタ☆MAD】アイドルマスター 鎖の千早がDo-Dai
作者:横澤PP
特徴:ネタ☆MAD 千早ソロ? 1次元 発想の勝利




 一応、カテゴリ的には「ネタ」に分類したが・・・。
 ある意味、これほどガチな衝撃を受けたMADも無いかも知れない。
 いや、演出が素晴らしいとかシンクロが神とか、そういう類の話ではない。もっと根源的な、人間の想像力や認知能力、もっと言ってしまえば知能そのものに対する衝撃だ。
 MAD作品としては確かにネタだが、これをネタだと理解できる事が衝撃なのだ

信じがたいが確かに「見える」

 だってさ、これで千早がDo-Dai踊っているように見えるんだよ!?
 確かに、人間の頭脳は物体の外観よりも、その動きを優先して検知する能力があるという話を聞いた事はある。あるが、いくら何でもこれは自問自答せざるを得ない。
 もっと本数が多くて、千早の輪郭を感じさせるなら分かる。せめて両手両足が分かるような形になっていたら、疑問を抱かなかったかも知れない。
 しかし、ここにあるのはチェーン一本だけだ。何故私の頭脳は、これをアイドルのダンスと認識するのか?

 ひとしきり笑った後で、ちょっと本気で考え込んでしまった管理人である。
 異色作の一言で片付けるには、あまりに発想が飛躍しすぎだ。鬼才なんてもんじゃない。
 さあ、あなたも人の知能の不思議を体感してみないか? そんな大それたもんじゃねーか(笑)
↑いやね、マジで最初にこの記事アップした時にタイトルを入れ忘れたのよ・・・

題名:千早 小さなシアワセ (新豪血寺一族 闘婚) アイドルマスター
作者:アストロP
特徴:千早メイン 美希? 半分紙芝居 腹筋崩壊




 馬ww鹿ww野ww郎wwwwww

 もう芝生を生やしまくる以外にこのMADに対する賞賛が思い浮かばん
 原曲のすさまじさも大概だが、それを発掘してくるアストロP、マジで何者なのっ!

これでガチと思ったら負け

 とりあえず画像はどーでもいい所からピックアップしておこう(笑)。
 いや、だってあの絵をネタバラシする訳にゃあ行かねぇからなっ!
 絵だけでも笑える、歌だけでも笑える、そんな両者が完璧にコラボった日には、もうどうしろとゆーのよ?

 千早に似合ってる気がしなくもないのが、またムカツくというか何というか。
 あなたがもし何かに思い悩んでいるのなら、このMADを見てみるといいだろう。もー何もかも馬鹿らしくなって、悩みなんかぶっ飛ぶと思う(笑)

ちょっと追記:調べてみたらこの曲、あの陰陽師と同じサントラに収録されてるらしい。って事は意外にメジャーなのかな?
題名:アイドルマスター 『221B戦記』
作者:P名無し
特徴:千早メイン 筋肉少女帯 H.264 ちょっとコミュねたばれあり




 いきなりパーフェクトじゃないコミュ選択から始まるこの作品は、基本的にネタ系に属すると思われる。
 基本的に、と言うのは、ネタでありながら生半可なガチ作品より熱いからだ。
 確かに色々笑えるのだが、それ以上に魂が震えてしまう。ある意味、島本和彦の漫画にも似ている。筋肉少女帯ならではのノリとも言える。

答えろ千早っ! 逃げるなっ!

 微妙に背景に凝ってたり、RidgerPの某作品(と、それが辿った運命)に対するオマージュが含まれていたりと、細かいフォローが入ってるのも無視できない。
 更には違うゲームの戦闘シーンも含まれ、要するにかなりごった煮のはずなのだけど、その割には作品全体に統一感があるような。
 あああ、なんとも表現しがたい。ネタなのに、笑えるのに、ソリャネーヨのはずなのに、何故管理人はこの空気に惹かれ、あまつさえ感動までしてしまうのか
 ともあれ、この世界は見ていただきたく候。

 それにしても不思議なのは、このPだ。リンクを追うと少なくとも昨年9月から活動している事が確認できるが、P名は無いしマイリストも無い。
 本作、及び本作から辿れる作品群を見る限り、ネタとガチの融合という点においてかなりのセンスを持つと思われるのだが、その実態は掴めないという(笑)。
 P名システムが定着しているアイマスMADだが、こういう人もいたんだねぇ。
題名:初音ミクで おはよう!! 朝ご飯 【アイマスカバー】
作者:ハロP
特徴:ミクソロ 千早 VOCALOID




 最初は笑って、よく考えるとかなり凄い事に気付いた。
 初音ミクを使って作られた、千早の迷曲「おはよう!! メカご飯」である。メカ千早誕生のきっかけとなった曲だけに、そのメカメカしさがボーカロイドによく似合っており、思わず笑ってしまう・・・のだが

もろにメカ千早なんだよね

 コメントにある通り、とってもとってもメカ千早な歌声になっている。
 そう、ミクではなく千早なのだ。千早の声を使った人力ボーカロイドでも無いし、千早の歌声をバックに含めた訳でも無いと思われるが、ミクらしさがほとんど残っていない
 ここまでミクに聞こえないミクって、そうそう無いと思う。

 更に、ボーカロイドでメカメカしさを出すのは実は予想外に難しいらしい。「不自然な人間」にはなっても「機械」にはならないのだそうだ。
 ・・・というわけで、一見ジョークのような本作品、実はかなりの技術の集積体だったりする。分かる人にしか凄さが分からない、という意味ではとっても技術の無駄遣いな雰囲気があるが(苦笑)。
 ま、少なくとも管理人は本作を「音楽メイン」ではなく「千早ネタ」に分類した。つまりそういう事だ。


 ちなみに、じゃあハロPが普通の方向で「人間に似せた」ボーカロイドを作るとどうなるか、というと・・・↓こういう作品がある

題名:初音ミクで shiny smile 【アイマスカバー】
作者:ハロP
特徴:VOC@LOIDM@STER




 ニコニコで進化しまくってるのは、アイマスMADだけじゃ無いんだね。つーか、むしろ本流はボーカロイドの方かな(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。