「双海亜美・真美 ネタ」 カテゴリーの記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:MAD アイドルマスター とかち × NEWラリーX
作者:yocch41P
特徴:亜美 真美 おっさんホイホイ iM@S_Inst?




 ワルキューレとかちをメインキャラに使うyocch41P。
 ひたすら独自の道を行くこの作者は様々なゲームのBGMを作品に投入しているが、今回は1981年のアーケードゲームを元ネタに持ってきた。
 もうこの時点で一般受けなど知ったことか状態だが(笑)、今回のこの作品は知ってる人なら思わずニヤリと来るネタが色々と仕込まれている。古参ゲーマーなら、一度見ておいて損は無いんじゃ無かろうか?

まあっ、はしたない(笑)

 ステージクリアとか燃料切れピンチとかフラッグ回収とか煙幕とか、そうそうこんなゲームだったよな、うん。それにしても、テーブル型の対面筐体なんてもう見ないねえ・・・と、思わず遠い目をしてしまった管理人である。
 あと、とりあえず観客は自重しろ

 画質がイマイチなのは惜しまれるが、こんな曲でもシンクロ合わせてきてるし、紳士モードの投入(それも単なる投入ではなく、ちゃんとネタに仕上げている)にも余念がない。独自空間を維持しつつ、本作は一般的な評価基準に合致する要素もきっちり取り込んでおり、こう書くのも何だがようやくこのPを紹介できたなぁ、という感じである。

 ちなみに「十勝ラリー」は本当に存在した。今年から会場変わったけど。
スポンサーサイト
題名:アイドルマスター 「とかちの恋物語」(アキハバラ電脳組)
作者:a-eruP
特徴:亜美メイン 千早 西村ちなみ うずらの恋物語 H.264



(↑疑惑の削除を食らった後、権利者名が明記されるようになったのを契機に再UPされたのでひっそり入れ替え)

 な ん と い う 歌!
 植木等にも似たような雰囲気の名曲があったが、この曲は現代最先端のトレンドを多彩に突っ込んでおり、その魅力が素晴らしい事になっている

なんとも切ない・・・って、え?

 本当はネタバレを自重したかったんだが、サムネのコメント群でどーやってもバレるのは仕方あるまい。ってかサムネ画像自体、既に嫌な予感が満載だし。
 ええもう、ネタです。とてつもない水準でネタですとも。

 まあ選曲の勝利としか言いようがないね、こりゃ。
 そして、とかちがとってもハマり役。そりゃもうピッタリ。腹を抱えて笑える
 一応は千早いぢめ動画に入るのかも知れないが、正直それがどうでもよくなるぐらいに他の部分の破壊力が凄い。

 シチュエーションに応じた亜美の表情の絶妙さ、雰囲気によく合ったシンクロ、安定して高い画質と、様々な意味で無駄遣いという言葉がふさわしい技術も密かなポイントか。
 その結果、最初のしんみりムードが本当に隙の無いシリアス感を持っており・・・そこから一気に蹴っ飛ばされる衝撃が尋常じゃなくなるのだった。

 これ見て笑わない人がいたら、精神の健康状態を疑った方がいいかも知れない(笑)。
題名:とかちの『きょーだいぶね』(2007年版)
作者:方向性がおかしいP
特徴:亜美 真美 小鳥 鳥羽一郎 演歌
 腹筋崩壊



 見ろ! そして笑え!! いいから笑え!!

 いや、秀逸だわ。
 恐らく95%以上の人が最初の3秒で吹くと思う。サムネの普通さに騙されてはいけない。いやマジで騙されちゃダメヨ♪

 演出としてはシンクロ系なんだけど、他の作品ではちょっと見られない演出が投入されている。これがまた曲の雰囲気、作品の雰囲気にドンピシャで、シンプルと言えばシンプルなんだけどこれしか無い! という感じだ。

この画面にも騙されてはいけない

 今までアイマスMADのネタ作品を何個も見てきたが、アイマスの基本形である歌+ダンスのスタイルを踏襲した作品の中ではこの爆笑度は最高レベルに位置するだろう。
 確かにこの作品、P名に恥じず方向性がおかしい。もう色々な意味でおかしい(笑)。
 これもインスピレーションの勝利というべきなのかも知れない。

 とにかく! ネタが好きな人は絶対見とけ!
 アップされたのが正月休み中のせいか、見逃した人が多いっぽいのがとにかく悔やまれる。
 この作品はセットで見ていただかねばなるまい。
 と言うわけで、MYAPによる双海家4姉妹のうち、二人を並べてご紹介。

題名:アイドルマスター 亜真美 shiny smile
作者:MYAP
特徴:真美ソロ? ある意味正常進化 H.264





題名:アイドルマスター 亜真美、亜美、真美に続く4人目、亜真 shiny smile
作者:MYAP
特徴:亜美ソロ? 逆転の発想 H.264




 いや、女の子は髪で化けると言うけど、マジで髪型変わるだけでここまでイメージが変わるとはねえ・・・。特に四人目は、見方によっては最も地味なのだが、妙に強いインパクトがある。
 管理人は、四人の中で一番大人っぽく見える亜真にかなりティンと来たのだが、あなたは誰がお好みだろう?
題名:アイドルマスター 双海真美・おはよう!!朝ご飯 REM@STER-A Short ver
作者:かめこP
特徴:真美ソロ 驚愕のゲスト MASTERLIVE




 バンナムやりすぎだろこれwwwwwwwww

 この作品、動画自体はごく普通のダンスシンクロである。途中でメカ衣装に着替えるが、特にそれ以外のネタがあるわけではない。
 歌の方も公式のCDからの引用である。一応の配慮でショート版になっているが、これもまた大した加工が施してあるわけでは無い。
 要するに、歌も踊りもほぼ公式そのまんまである。いわゆるノーマルPVに毛が生えた程度の代物でしかない・・・はず、だが・・・だが!!

ムチャクチャすぐる!

 公式自ら原曲レイプすなー!!
 いやはや、確かに戦隊物っぽいアレンジではあるが、公式CDが思いっきり戦隊ノリで襲ってくるとは予想を超えていた。しかも特別ゲストがあり得なさすぎる。色々な意味で、無駄遣いってレベルじゃねーぞ!

 朝食戦隊スイハンジャーってのは、アレンジバージョンのぶっ飛びっぷりに敬意を表して、アイマスMADの業界で勝手に命名した物だが・・・まさか公式の側がツボを突きまくるゲストと共に、そのイメージにぴったり過ぎるアレンジを施して来るとは。

 バンナムは自分自身でMADを作り、その素材の豪華さに全国のPから羨望のまなざしを受けたものだが、今度は音楽系Pを相手にプロの犯行を仕掛けて来たと言えよう。
 とんでもないアレンジを作る点といい、それをネタにここまで歌い手を吹っ切らせた点といい、どう見ても開発陣の中にニコ厨がいるとしか思えん(笑)。

 だいたい、なんで音楽も映像も公式ものを使ってるのにネタ動画になるんだよ!
 畜生、俺らはバンナムに踊らされてるのか?(笑) まぁ、こういう踊りなら大歓迎だが。
題名:とかちが必殺仕事人の主題歌を歌うようです
作者:1000P
特徴:亜美 エージェント夜を往く RemixA




 L4Uでは、従来の公式曲にリミックスバージョンが登場している。アイマスMADのリミックス職人の方がうめぇとか言う声もちらほら聞こえなくも無いが、それは人それぞれ。
 それに、一MAD職人が従来のイメージをぶっ壊すアレンジをやってもスルーされて終わる可能性が大だろう。公式があえて(今の時点では)違和感ありまくりのアレンジをするのも、また一つの可能性の追求だと管理人は思う。
 そのうち聞き慣れたら風向きも変わるんじゃ無かろうか。

 その一方で、中には聞いた瞬間に職人にひらめきを与えるアレンジもあるようだ。
 と言うわけでこれは、とかちエージェントに必殺仕事人を合わせたMAD

確かにこいつらエージェントだわ

 なんというハマり具合!!
 ノーマルPVと聞き比べると、音源自体は特にいじってないようだ。テロップを追加してあるが、一応疑似m@sの仲間に入るだろうか。

 1000Pの瞬間的なひらめきから生まれたこのMADは、ネタ的にはシンプルだ。
 更に、音源をもらった元作品のアップからこの作品のアップまで7時間しか経っていない。ジェバンニどころの騒ぎではない。
 だが、それでもしっかり作り込んで綺麗に作品として完成しているからもう笑える。
 オープニングからいきなり松竹だし、映像の内容が歌詞に合ってるし。
 正にアンダーグラウンドのサービス。正にエージェント夜を征く。つーか征き過ぎ!!

 無駄に高い完成度に笑いつつ、L4U発売からあっという間にこういうのが出てくるからには、他のRemix版公式曲がネタにされる日も遠くあるまい・・・と勝手に思い込む管理人であった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。