「考察とか」 カテゴリーの記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも最近、一部で騒がしくなっている事について。

今更の話だが、管理人は東京都の青少年健全育成条例改正案に反対している。
一部個人の恣意的判断が表現の是非を決定づける事を許容する気は無い。
この手の話題は、これまでネットの内外で散々議論されてきたと考えていた。

だから正直、ニコマスの中でこの手の話が今更炎上するとは思わなかった。

いざ自分が犠牲を払う側に回ったら、拭いがたい反感を抱くのも分かる。
だが管理人は、そこで感情に流されたらアグネス・チャンや条例案を批判できないと思う。
表現の自由を維持するとはどういう事か。健全性を主張する事が何をもたらすか。
無法はさすがに無しとしても、制限するならいかなる形でなければならないか。
身近な所で起きた今回の騒動だが、その中身はそのまま東京都の議論に通じる部分が多い。
いい機会なので、改めて考えてみてはいかがだろうか。
一部の人には身を切るような話になるだろうけど。

少なくとも。
この騒動でDSX向け作品を作り直すPが現れたら、管理人は忸怩たる気持ちになるだろう。
何故って、それこそが言論統制派の勝利に繋がる1ステップ、表現者の萎縮だからだ。


ニコマスに限らず、この手の話はこれまでもあった。これからもあるに違いない。そして、そこで加害者の側に回る事も、被害者の側に回る事もあると思う。
いつか自分自身が魂を切り裂かれるその時に、今回の経験が生かされる事を祈る。
なお、管理人がだいすP雪歩に「マジでヤバくね?」という表現を使ったのは運営が仕事をしそうだという意味であって、それ以上の物では無い事を付記しておく。

(追記)
嫌いだと叫ぶ事は否定しない。それは表現の自由だ。
だが、それが好きだと叫ぶ声を潰す圧力と化す事は否定する。理由は分かるよね。
スポンサーサイト
 FlashPlayerが10.1でハードウェア再生支援に対応、という事で一部が盛り上がっている。
 折しもニコニコ動画が(9)になって激重動画の投稿が可能になったため、未だベータ版とは言え10.1に手を出して環境改善を図ろうという人もいるだろう。

 ただし、その恩恵を受けられる人は思ったほど多くないかも知れない。
 というのは、そもそもPCのグラフィック機能に再生支援が無い機種はどうしようも無いからだ。具体的にはCPUがAtom Nシリーズのネットブックは南無である。
 一方、Atom Zのネットブックはどうにかなる可能性がある。と言うわけで・・・

ヴァイハラへようこそ

 毎度お馴染みLOOX Uの出番である。
 CPUはAtom Z520(1.33GHz)、グラフィック機能はUS15Wチップセット内蔵のGMA500、RAMは1GB。これで、けるまPのこの作品↓ を様々なブラウザで再生してみた。



 結論を言うと、FlashPlayerを10.1に変更したら少し軽くなったが、それでも開始直後の清水舞台スクロールはカクった。
 まあ元々、無線LANと有線LANでは滑らかさが変わる(USB接続の有線LANやイーモバイルを使うとカクりが酷くなる)ほどマシンパワーがカツカツなので再生支援に関わらず他が限界なのかも知れない。あるいはOSが古いWindowsXPなのも影響しているだろうか?
 ちなみにGMA500の再生支援機能自体は優秀で、然るべきコーデックを入手すればカブキンPの高画質版I wantをローカル再生できてしまう。しかしこれも、イーモバで通信しながら再生するとカクるのだ(笑)。そこに更にブラウザという負荷が加われば、そりゃもうねえ。

------------------------------------

 ただ、これだけだとFlashPlayer10.1の機能がよく分からないので・・・

レッツノートは分厚いと思う貴方にお勧め

 レノボThinkPad X200sにも10.1を入れてみた。
 Core2Duo 2.13GHz、グラフィック機能はGS45チップセット内蔵のGMA4500MHD、RAMは4GB(認識3GB)で、OSはVista 32Bitである。
 こっちの方が効果は顕著に表れた。これまで(9)画質動画は拡大再生すると結構カクっていたのだが・・・



 このHD版動画も余裕で再生OKとなった次第。
 ただしCPU使用率が60%ぐらい行く。最近ネットブックのプチ上位機としてCULVノートなる物が出てきているが、それらでは厳しい気がする。
 なお予想外の効果として、ローカル再生でも滑らかさが大幅に向上した。何故ブラウザのプラグインでローカル再生が支援されるのか分からないが、個人的にはこれが一番ラッキーだったかも知れない。

 まだFlashPlayer 10.1は開発途上で、今後更にパフォーマンスが向上する可能性はある。
 が、それでも(9)画質を相手にするのはAtomを使ったネットブックでは無理だろう。
 後顧の憂いを無くすなら、Core2Duo 2GHz程度は準備しておきたい所。
 ニコニコ動画が(9)になった。チルノではないのは微妙に残念。
 まあはっきり言って、機能面では不便になったと思う。さすがに複数カテゴリのタグ付与が出来なくなったのは四方八方から不満爆発したようで運営側も修正を検討するそうだが、整理整頓を進めた結果無駄にクリック数が増えた&縦スクロールの距離が伸びた印象が拭えないのが何とも。
 管理人は総合毎時ランクとタグ検索があれば、それ以上の細かい検索は不要なのだが。

 あとニコ動トップが詰め込み過ぎで初心者お断りに見える件について。
 更に「世界の新着動画」が荒らしコメ野郎のパラダイスになりそうな件について。特に後者はシャレにならない気がする。数日間はパニクるかも知れないね。

 ・・・まあそれはともかく。

 ニコマス限定で考えると、100MB以内ならビットレート無双&解像度無双というのが大きい。そりゃもう大きい。長い動画でなければ、zoomeやveohに頼る必要がなくなるのだから大きい。
 とは言え、毎度毎度気になるのがCPU負荷だ。以前もH.264導入時に色々試したりしたが、今回はちょっと相手の規模が違う。
 まあ試しに、ずらっと並んだ高画質版の名作どもを一通り再生してみてくれたまい。

比較的大人しい ぴっかりP
640*480ピクセル 29.97fps 映像2500kbps 音声128kbps


解像度が少し上がっているが、主にビットレートの強化に重点を置いた物。とは言え尺が長い事もあり、その強化レベルはあまり極端ではない。
実は30fpsという点が負荷低減にはかなり効果的かも。

画面サイズは従来通り くたーP
512*384ピクセル 29.97fps 映像6000kbps 音声192kbps


やっぱりこのPはPSP版の高画質動画をもってきた。この画面サイズに6Mbpsも叩き込むと凄い事になるが、6Mbpsってのは1秒で6Mビット=750KBを使うという事なので、ダウンロード速度がこれを越えないと再生に追い付かなかったりする。
高画質版にしてはCPUに優しい方と思うが、回線には厳しいような(笑)

恐らく標準的(?)な高画質、だがかなりきつい! カブキンP
1280*720ピクセル 59.94fps 映像3800kbps 音声192kbps


3.8Mbpsという微妙なビットレートは100MB制限が原因。つまり、3分を越えるような動画になるとやっぱりzoomeやveohには及ばないという話になる。zoomeは5Mbps出せるし。
ちなみに単純計算すると、100秒(1分40秒)の動画は映像と音声を合わせて8Mbpsまで持って行けるが、200秒(3分20秒)の動画は4Mbpsが限度。600秒(10分)になると1.33Mbpsで、これまでとほとんど変わらない。


 なおニコマスは、1280×720がひとつの上限っぽい。これ以上はキャプチャの性能や編集PCの性能の限界があるようだ。
 それに100MB制限が意外に厳しいため、無理にフルHDにする必要性も薄かろう。
 なのでカブキンPの動画がスムーズに再生可能なら大抵の動画が大丈夫だと思う。
 管理人の環境ではどうだって? Core2Duo E6850(3GHz)で、RADEON HD2600PROの構成で、Firefoxを使ってノーマルサイズで50%前後。上記の動画は問題なく楽しめる。
 ちなみに管理人は、ニコ動ではフル画面再生をしない。理由は、大画面ではコメントの文字を読むのに視点の移動距離が大きくなって疲れるから(笑)。

(10/31追記:ところがカブキンPの動画、ノートPCだとCore2Duoの2.5GHzでも厳しかった。CPU性能しか関与しないと思っていたので油断していたが、どういう事なのだろう……?)

 ……それにしても、もう完全にネットブックではどうしようもない世界になってしまった。
 ネットブックを使うのはケータイでは見れない高機能サイトのためだろうが、その重要な一員である動画サイトがネットブックお断りな重さになるのは皮肉かも知れない。
 高画質は確かに嬉しい。しかしそれは管理人にそれを再生できる環境があるからだ。
 恐らく多くのPにとって、そこは悩みどころになると思う。管理人のTwitterには視聴用とローカル保存用の二つの動画を上げるべきかと言うPもいた。難しい問題だがどう落ち着くやら。

追記:サーバ側の負荷が増えたのか、プレミアムなのに動画が落ちてこないのは困ったな(笑)
 最近、このブログでMikuMikuDance(以下MMD)を使ったMADを取り上げる事が増えた。
 理由は大きく二つあると思う。

 一つは、やはりMMD側の進化が著しい事。
 特に物理演算機能が加わって、髪の毛やスカートが自動で揺れるようになったのは大きい。モデル側でポリゴンの切り方やパラメータ調整をせねば不自然になるとは言え、ちゃんと設定すればそれ以降は何もせずとも自然に動く。
 そしてもう一つは、ニコマス側が新たな表現手法を求めている事だろう。
 はっきり言って、ポリゴン及びダンスモーションのクオリティを真正面から比較すると、アイマスとMMDの差は未だ1RKOレベルに大きい。しかし、そのダンスだけではどうにも飽きたらず、765コマンドの抜きを使って背景を変え、AE等のツールでエフェクトを加えたりするのが一般化しているのはご存じの通り。
 そういう要素が加わった結果、相対的に「ポリゴン自体のクオリティが低くても他で補える」という領域が拡大してきている訳で・・・そうなるとゲーム本編には無い動きやカメラアングル、更に箱○には出ないキャラという部分で、MMDの出番が来やすくなる。
 更に(箱○に比べてグラフィック機能が劣る)PSPやDSにアイマスが拡大した結果、それらのプラットホーム専用のキャラをニコマスの舞台に引っ張り出す道具としてもMMDの存在がクローズアップされつつある。

 例えば。

題名:【MMD】 桜井夢子はDo-Dai? アイドルマスターDS
作者:狡猾全裸富竹P
特徴:桜井夢子 MMDユーザーモデル



 これは「箱○にいないキャラ」の典型例だ。
 未だ調整中という事もあり、更にモーションデータのクオリティ故にかなりカクカクしているのも事実だが、MAD素材としての素性は本体データより確実に上だろう。

題名:【MMD】 天海ハルカの憂鬱 - Euro Mix - 【MAD】
作者:G様P
特徴:春香 雪歩 やよい 千早 真 我那覇響 小鳥



黒板が気になるが今回はスルーでw

 一方、アイマス×MMDと言えばお馴染みのG様Pは、MMDの不自然さをどうやって隠すかを追究しているように見える。
 この動画でも、遠景でのダンスはMMDだがアップでは箱○のデータや手描き絵を織り込んでいる。そしてカメラワーク(ゲーム本編画像を使う場合はキャプチャデータの切り貼りでやってた事が、MMDではストレートに可能)やエフェクト(今回は少なめだが)による映像クオリティ向上は、ニコマスPが2年以上も磨き続けてきた職人芸の世界だ。
 ここまで来るとモデリングやモーションの大雑把さはほとんど気にならなくなる。

 ・・・でも完全にフォローできる訳ではない。
 そこがMMDの現状の限界で、要するに細かい詰めがまだまだ甘い。新しい物を作るのは積極的でも、そういう細かい調整にはなかなか手が回らないのは、オープン環境での開発ではしばしばある事だ。誰だってそんな地味な作業はしたくない(笑)。
 逆に言うと、不自然さを「隠す」のではなく「無くす」事が出来たらMMDに欠点は無くなるのだが・・・

題名:【MMD】キラメキラリ
作者:あずP
特徴:Voc@loidM@ster 東方m@ster 御三家



 ことダンスデータについては、現状は既存のモーションを少しずつ詰めていく、ぐらいしか手段が無いようだ。それでもこの作品は手足の加減速や重心がうまく調整されており、不自然さがかなり解消されている。
 仮に重力や慣性を扱えるモーションジェネレータが開発されたら恐ろしい事になりそうだが、果たしてそんなブツが作れるのやら・・・いや、MMD自体があり得ない速度で進歩しているのだから、そのうち何とかなっちゃうんだろうなあ(笑)。

 いずれにしろ、ニコマスにおけるMMDは確実に存在感を増している
 上記3作品が二日以内に投稿されている事からも、それは伺えよう。
 あとはデータの充実だけだ。それこそが最も大変なのだが、一度作られたデータは消えず、それを礎に進歩したモデルが出来ていく事を考えれば、時間の問題でしか無いと思う。
 紙芝居クリエイターや七夕革命がニコマスを変えたように、MMDも変えていく。
 それだけは断言できる。Pにとっては頭の痛い話かも知れない(笑)が、見る側は気楽なもんだから、これがどういう風に拡大昇華していくのか楽しみで仕方がないのだった。
 本日はアイマスオンリーの同人誌即売会アイドルMySTAR2009(通称マイスタ)が蒲田で開催された。
 シルバーウィーク中という事もあり管理人も行ってみたのだが、その中に「同人」という観点と立場において興味深い物があったので、独立エントリを立ててみた。

 とは言えニコマスネタでは無いので、以下格納。
 
[即売会の片隅の挑戦]の続きを読む
 管理人は相変わらずニコマス以外では曲に出会う事がほとんど無い日々を送っている。
 や、だってテレビはニュース見る程度だし。深夜アニメは録画するけど。
 秋葉原に行ってとらのあな近辺で東方系の同人CDをジャケ買いする事はあるが、いわゆる商用の作品に出会う機会は冗談抜きでニコマス以外に思い付かない状況である。

 ・・・にも関わらずCDが増えていく昨今である(笑)。
 と言うわけで、昨年11月及び12月に続いて管理人がニコマスが原因で買ったor借りたCDを並べてみる事にした。
 アイマス関連は抜き。ニコマス以外のニコニコに影響された物も抜き。とすると・・・

こっこ ベスト+裏ベスト+未発表曲集
 この曲の衝撃は相当な物があった。ちなみに、買ったその日の帰りにレンタル棚で同じCDを見つけたのはここだけの話(笑)。まあ後悔はしてないけど。


イノセンス オリジナル・サウンドトラック
 雰囲気に圧倒されざるを得ない。MAD本編の無茶苦茶な展開に負けてないのがすげぇ。
 

メタリカ S&M~シンフォニー&メタリカ
 いや、その、何だ・・・管理人はクラシックとロックの融合が元々好きな事もあるが・・・。
 まあいいや。とにかくこれはネタ抜きでも買う価値が絶対あると思う!


ABBA アバ・ゴールド<コンプリート・エディション>
 実は作品に使われているのはアバ当人ではなくノーランズのカバー版である。
 千早にはノーランズの方が確かに合っている。でも原盤もいいぞ。


a-ha THE SINGLES 1984-2004
 意味深な構成に惹かれ、その後も忘れられずにいて、ふと原曲PVを見て改めてKOされて、アマゾンの在庫が少なかったので突撃。


下田麻美 鏡音リン・レン カバーアルバム「Prism」
 亜美真美の中の人ではあるが、ココロシリーズを見てなければ買う事は無かった。
 ちなみに、この記事のために改めて見直したら、ちょうど30,000再生を踏んでしまった(笑)。


East New Sound Lyrical Crimson
 東方の同人CDも、ギャンブル的なジャケ買いでなく中の曲目当てに買う事がある。
 同人物は簡単に絶版する事が多いので、店頭に在庫があったのは幸運だった。



 いや~我ながら結構壮観だ。
 管理人の人生で、こんだけ広いジャンルの音楽に手を出した事は無い。
 たかがニコマス、たかがMADだが、その一点では間違いなく人生の糧になってるな。うん。
 願わくば、今後も新たな音楽、新たなアーチストに出会える事を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。